○西ノ島町印鑑条例施行規則

昭和47年10月1日

規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、西ノ島町印鑑条例(昭和47年西ノ島町条例第27号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めることを目的とする。

(申請書等の受理)

第2条 町長は、条例又はこの規則の規定による申請又は届出があったときは、申請者又は届出者の住所、氏名及び生年月日を住民票と照合して受理するものとする。

2 条例第3条第1項ただし書の規定による代理人は、同条第2項の規定による保証人と兼ねることができないものとする。

3 条例第3条第3項の規定による同意すべき法定代理人又は保佐人は、その資格を証する書面及び印鑑登録証明書を添付しなければならない。ただし、その者が本町の印鑑登録者であるときは、その限りでない。

4 条例に規定する代理人は、意思能力を有するとみなされる年齢15歳以上の者でなければならない。

(確認の方法)

第3条 条例第5条第1項の申請意思の確認については、次の方法のうち適当と認めるものによるものとする。

(1) 運転免許証又は官公署の発行した写真の貼付してある身分証明書等を提示したとき。

(2) 申請人の面識ある西ノ島町職員が、本人であることを文書によって署名捺印して証明したとき。

(3) その他町長が本人であることを確認することができる資料の提示があったとき。

(4) 旧印鑑条例(昭和32年西ノ島町条例第28号)の規定に基づき届出た印鑑で、新条例(昭和47年西ノ島町条例第27号)附則第3項の規定により廃止されたとみなされた印鑑と同一の印鑑を届出たとき。

(5) 1、2級の身体障害者手帳の交付をうけている者(ただし、一上肢を上腕の2分の1以上を欠く者及び一上肢の機能を全廃した者を除く。)並びに外国航路の船員(一航海に要する日数が概ね3週間以上のものに限る。)に係る届出で親族2人以上の保証があるとき。

(印鑑登録原票に使用する印肉)

第4条 印鑑登録原票の印鑑には、朱肉又は黒肉を使用しなければならない。

(印鑑登録原票の保管及び消除)

第5条 印鑑登録原票は、50音別に整理し、保管する。

2 条例第11条の規定により印鑑登録原票を消除したときは、消除年月日及びその理由を記載し、消除した日の順に保管する。

(文書の保存期限)

第6条 印鑑に関する文書の保存期限は次のとおりとする。

(1) 廃止した印鑑登録原票、消除した日の属する年の翌年から5年

(2) 印鑑登録申請書、届書等、受理した日の属する年の翌年から2年

(申請書等の様式)

第7条 印鑑登録並びに登録証明に関する申請書等の様式は次の各号に定めるところによる。

(1) 印鑑登録申請書、登録変更申請書、登録廃止申請書 様式第1号

(2) 同意書 様式第2号

(3) 印鑑登録申請にかかわる照会書及び回答書 様式第3号

(4) 印鑑登録原票 様式第4号の1

(4)の2 印鑑登録証明書 様式第4号の2

(5) 印鑑登録証明交付申請書 様式第5号

(6) 印鑑登録証明書交付指定申請書 様式第6号

(7) 代理権授与通知書 様式第7号

(8) 確認証明書 様式第8号

(9) 印鑑登録保証書 様式第9号

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和53年規則第10号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成6年規則第16号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成11年規則第2号)

この規則は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成12年規則第2号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成19年規則第25号)

この規則は、平成19年10月1日から施行する。

附 則(平成24年7月9日規則第12号)

1 この○○は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、改正前の西ノ島町印鑑条例施行規則に規定する様式による用紙で、現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

附 則(平成27年規則第12号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

様式第6号 略

画像

画像

画像

西ノ島町印鑑条例施行規則

昭和47年10月1日 規則第1号

(平成27年10月2日施行)