○西ノ島町交通指導員設置条例

昭和44年7月5日

条例第10号

(目的)

第1条 この条例は、交通指導員(以下「指導員」という。)の設置及び運営について必要な事項を定め、もって道路交通の安全確保に資することを目的とする。

(委嘱及び任期)

第2条 指導員は、町長が所轄警察署長の意見を聞いて、委嘱するものとし、その身分は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第3号に定める職員とする。

2 指導員の任期は、2年とする。ただし、再任をさまたげない。

(定数)

第3条 指導員の定数は、4人とする。

(任務)

第4条 指導員は、町長の命を受け、警察機関及び交通安全推進機関との緊密な連絡を図り交通の安全保持のため、必要な指導及び交通安全思想の普及に努めるものとする。

(被服等の支給)

第5条 指導員には、被服及び装備品を支給する。

(委任)

第6条 この条例の施行について、必要な事項は、町長が定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行し、昭和44年7月1日から適用する。

附 則(昭和47年条例第30号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和50年条例第1号)

この条例は、昭和50年4月1日から施行する。

附 則(昭和52年条例第1号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成6年条例第37号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成16年条例第4号)

この条例は、平成16年4月1日から施行する。

西ノ島町交通指導員設置条例

昭和44年7月5日 条例第10号

(平成16年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第9節 交通安全対策
沿革情報
昭和44年7月5日 条例第10号
昭和47年 条例第30号
昭和50年 条例第1号
昭和52年 条例第1号
平成6年 条例第37号
平成16年 条例第4号