○西ノ島町シルバーアルカディアモデルハウスの設置及び管理に関する条例

平成7年3月22日

条例第10号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2の規定に基づき、西ノ島町シルバーアルカディアモデルハウスの設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 過疎・高齢化に対応することを目的とした西ノ島町シルバーアルカディア構想に基づき、移住者誘致を積極的に推進し、移住希望者が自信と希望をもって移住できるように体験型・滞在型施設として西ノ島町シルバーアルカディアモデルハウス(以下「モデルハウス」という。)を設置する。

名称

西ノ島町シルバーアルカディアモデルハウス

位置

西ノ島町大字浦郷188番地1

(使用の許可)

第3条 このモデルハウスを使用しようとする者は、別に定める申請書を町長に提出し、町長の許可を受けなければならない。

2 町長は、モデルハウスの管理上必要があるときは前項の許可に条件を付すことができる。

(使用の制限)

第4条 町長は、モデルハウスの使用者が次の各号の1に該当すると認めたときは、その使用を許可しない。

(1) 公の秩序又は、善良の風俗に反するおそれがあると認められるとき。

(2) 管理上、支障があると認められるとき。

(3) その他、町長が適当でないと認めるとき。

(許可の取消し等)

第5条 町長は、使用者が次の各号の1に該当するときは、使用の許可を取消し使用を停止又は、使用の条件を変更することができる。

(1) 申請に偽りがあったとき。

(2) 第3条第2項の許可の条件に違反したとき。

(3) 前条の規定に該当するとき。

(4) その他この条例に違反したとき。

(使用者の義務)

第6条 使用者は、モデルハウスの使用にあたってはこの条例を守り、常にこのモデルハウスの善良な維持管理に協力しなければならない。

2 使用者は、その使用が終わったとき、又は使用の許可を取消されたときは、直ちに現状に復し返還しなければならない。

(使用料)

第7条 使用料は別表に定めるとおりとする。

(光熱水費)

第8条 使用者は、別に定める光熱水費実費相当額を負担しなければならない。

(損害賠償)

第9条 使用者が故意又は過失により建物又は設備その他の物件を損傷、滅失したときは、それによって生じた損害を賠償しなければならない。

(免責)

第10条 モデルハウスの使用に当たり、不可抗力及び本人の不注意によって生じた事故、その他の損害については、町長はその責を負わない。

(指定管理者による管理)

第11条 モデルハウスの管理は、法第244条の2第3項の規定により、法人その他の団体であって町長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができるものとする。

2 前項の規定に基づき指定管理者に管理を行わせたときは、第3条第4条及び第5条中「町長」とあるのは「指定管理者」と、第7条中「使用料」とあるのは「利用料金」と読み替えるものとする。

3 前2項の規定に基づき指定管理者に管理を行わせたときは、指定管理者に利用料金をその収入として収受させるものとする。

(指定管理者が行う業務)

第12条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) モデルハウスの利用に関する業務

(2) モデルハウスの維持管理業務

(3) 利用料金の徴収業務

(委任)

第13条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成7年条例第27号)

この条例は、公布の日から施行し、平成7年4月1日から適用する。

附 則(平成11年条例第7号)

この条例は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成16年条例第5号)

この条例は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成17年条例第30号)

(施行期日)

1 この条例は、平成18年4月1日から施行する。

別表(第7条関係)

区分

使用料

体験・滞在型使用者

無料

空家提供者

無料

移住希望者及び移住者

月額 38,500円

備考

1 体験・滞在型使用者とは、短期間(2ケ月以内)使用してモデルハウスの備品も使用する者をいう。

2 空家提供者とは、町外に居住して町内に所有する持家を移住者に提供している者が短期間(2ケ月以内)使用してモデルハウスの備品も使用する場合をいう。

3 移住希望者及び移住者とは、長期間(2ケ月以上1年未満)使用してモデルハウスの備品を使用しない者をいう。

西ノ島町シルバーアルカディアモデルハウスの設置及び管理に関する条例

平成7年3月22日 条例第10号

(平成18年4月1日施行)