○在外親善公使設置要綱

平成12年7月26日

要綱第5号

(目的)

第1条 本町への理解を深め、帰国後も西ノ島町のスポークスマンとして活躍できる外国の方に、本町と世界を結ぶ人材ネットワークの形成を図る為の活動をしていただくために、「在外親善公使」を設ける。

(在外親善公使の役割)

第2条 在外親善公使は、本町の魅力や各種情報の広報活動を、国外で行うものとする。ただし、この役割は義務的・強制的なものでなく、在外親善公使が無理のない範囲内で行うものとする。

(在外親善公使の委嘱)

第3条 在外親善公使は、次の各号のいずれかに該当し、在外親善公使への就任を承諾する方に対し、町長が委嘱する。

(1) 本町に国際交流員として、活躍した外国の方。

(2) 外国から本町に来町し、1年以上在住した外国の方。

(3) 町が主催した行事に直接関わりその貢献が大であった外国の方。

(4) その他、特に町長がふさわしいと判断する外国の方。

2 在外親善公使には委嘱状を交付する。

3 在外親善公使の委嘱状は、随時行う。

(任期)

第4条 在外親善公使の任期は委嘱の日から翌々年3月31日までとする。ただし、在外親善公使に継続して就任の意向がある場合には、再委嘱することができる。

(在外親善公使への情報等の提供)

第5条 在外親善公使には西ノ島町が刊行した定期又は不定期の刊行物・情報を提供する。

(委嘱を解く場合)

第6条 在外親善公使から辞退の申し出があったときは、在外親善公使の委嘱を解く。

(名簿の更新)

第7条 町は、在外親善公使名簿を作成し、1年毎に更新する。

(その他)

第8条 その他、必要な事項については別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

在外親善公使設置要綱

平成12年7月26日 要綱第5号

(平成12年7月26日施行)