○西ノ島町定住促進空き家活用住宅の管理運営に関する条例

平成21年3月19日

条例第6号

(目的)

第1条 この条例は、西ノ島町内にある空き家等を活用して、定住者等の住宅を確保し、定住化の促進を図るため必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 空き家活用住宅 西ノ島町内にある空き家のうち、所有者から町長が賃貸借契約により借上げた住宅を整備し、定住者等に使用させる住宅をいう。

(2) 所有者 住宅として借上げる建物を所有する者をいう。

(3) 利用者 町長と賃貸借契約を締結して空き家活用住宅を利用する者をいう。

(管理及び運営)

第3条 町長は、所有者から借上げた住宅を空き家活用住宅として、管理、運営する。

(所有者との賃貸借契約)

第4条 町長は、空き家活用住宅の借上げに際し、所有者と賃貸借契約を締結する。

2 町長が所有者から空き家活用住宅として借上げる期間は、10年間とする。

(修繕)

第5条 町長は、空き家活用住宅として利用者へ貸出す前に、必要に応じて修繕を行うものとする。

2 町長は、借上げたときの空き家活用住宅の原形を変更する修繕を行おうとするときは、所有者の承諾を得なければならない。

3 町長は、賃貸借期間満了又は賃貸借契約の解除により住宅を所有者に返還する際の原形に回復する義務は負わない。

(所有者の責務)

第6条 所有者は、第4条第2項に定める期間以内に空き家活用住宅の明渡しを受けるときは、別表に定めるところにより、空き家活用住宅の修繕に要した費用を町に返済しなければならない。

2 所有者は、空き家活用住宅の明渡しを希望する場合は、当該建物の明渡しを希望する日の1年前から6ヶ月前までの間に、町長に解除の申入れをしなければならない。

3 所有者は、町長の承諾を得ないで空き家活用住宅を第三者に対して売却し、又は担保等の設定をしてはならないものとする。

(空き家活用住宅の貸出し)

第7条 町長が空き家活用住宅を定住者等に貸出す期間は、最長10年間とする。ただし、やむを得ない事由により所有者との賃貸借契約が解除された場合は、解除時までとする。

(入居資格)

第8条 利用者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 住所を町外から西ノ島町に移し、賃貸借期間満了後も西ノ島町に居住しようとする意志のある者

(2) 定住促進のため町長が特に入居を認めた者

(使用料)

第9条 空き家活用住宅の使用料は、その都度町長と所有者が協議の上、決定する。

2 決定した使用料の支払は、利用者が所有者に直接支払いを行うものとする。

3 使用料は、毎月末日(月の途中で明け渡した場合は明け渡した日)までにその月分を納付しなければならない。

4 入居期間が1月に満たない月の使用料は日割計算による。その場合、算出した合計額に1円未満の端数が生じた場合は切り捨てるものとする。

(利用者の費用負担義務)

第10条 災害による場合を除くほか、次の各号に掲げる費用は、利用者の負担とする。

(1) 電気、ガス、水道及び下水道の使用料

(2) 浄化槽維持管理及び衛生費

(3) その他前各号に規定するもの以外の居住に要する費用

2 火災保険料は、所有者と利用者が協議の上、決定する。ただし、町長は火災等の災害による利用者の損害について一切の責任を負わない。

(利用者の義務)

第11条 利用者は、空き家活用住宅の使用について必要な注意を払い、これを正常な状態で維持管理しなければならない。

2 利用者は、自らの責めに帰すべき事由により、空き家活用住宅を破壊又は汚損した場合には、利用者はこれを原形に復し、又はこれに要する費用を賠償しなければならない。

3 利用者は、空き家活用住宅の全部又は一部を自らの居住以外の用途に使用してはならない。

4 利用者は、空き家活用住宅を他の者に貸し、又はその入居の権利を他の者に譲渡してはならない。

(原形の変更)

第12条 利用者は、空き家活用住宅の原形を変更しようとするときは、あらかじめ町長の承認を受けなければならない。

(賃貸借契約の解除及び空き家活用住宅の明渡し)

第13条 町長は、利用者が次の各号の1に該当するときは、利用者に対し空き家活用住宅の明渡しを請求することができる。

(1) 不正の行為により入居したとき。

(2) 空き家活用住宅使用料を3ヶ月以上滞納したとき。

(3) 正当な事由によらないで15日以上住宅を使用しないとき。

(4) 地域社会の平穏を阻害する行為をしたとき。

(5) 本条例の規定に違反したとき。

(6) 空き家活用住宅の賃貸借期間が満了したとき又は賃貸借期間が満了前に空き家活用住宅の所有者と町長との間の賃貸借契約が終了したとき。

2 前項の規定により空き家活用住宅の明渡しの請求を受けた利用者は、速やかに町長に空き家活用住宅を明渡さなければならない。

3 利用者は、賃貸借契約を解除又は空き家活用住宅を明渡そうとするときは、明渡す日の1ヶ月前までに町長に届け出なければならない。

(委任)

第14条 この条例の施行に関し、必要な事項は規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

別表(第6条関係)

経過年数

返済額

1年未満

修繕等に係る費用の全額

1年以上2年未満

〃 90%

2年以上3年未満

〃 80%

3年以上4年未満

〃 70%

4年以上5年未満

〃 60%

5年以上6年未満

〃 50%

6年以上7年未満

〃 40%

7年以上8年未満

〃 30%

8年以上9年未満

〃 20%

9年以上10年未満

〃 10%

10年以上

〃 0%

西ノ島町定住促進空き家活用住宅の管理運営に関する条例

平成21年3月19日 条例第6号

(平成21年3月19日施行)