○西ノ島町営バス運行事業の料金の徴収に関する規則

昭和53年4月25日

規則第11号

(趣旨)

第1条 この規則は、西ノ島町営バス運行事業の設置及び管理に関する条例(昭和47年西ノ島町条例第22号。以下「条例」という。)第4条の規定に基づき、定額料金以外の料金について必要な事項を定める。

(回数乗車券の料金)

第2条 条例第4条第1項に定める回数乗車券の料金は、同一区間の乗車券10枚につき10パーセントを定額料金から割引した料金を徴収する。

(運賃の払戻し等)

第3条 一般旅客から運賃の払い戻しの請求があったときは、次の各号の1に掲げる金額を払い戻さなければならない。この場合において事業者は相当額の手数料を徴収することができる。

(1) 通用期間前の定期乗車券にあっては、その運賃額

(2) 通用期間内の定期乗車券にあっては、通用期間の初めの日から運賃払い戻しの請求があった日までを使用済期間とし、これを1日2回乗車の割合で普通運賃に換算し、その金額を運賃額から控除した残高

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和56年規則第5号)

この規則は、昭和55年4月1日から施行する。

附 則(昭和59年規則第3号)

この規則は、昭和59年4月1日から施行する。

附 則(昭和61年規則第6号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和61年4月1日から適用する。

附 則(平成元年規則第8号)

この規則は、平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成元年規則第12号)

この規則は、公布の日から施行し、平成元年4月1日から適用する。

附 則(平成3年規則第1号)

この規則は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成6年規則第18号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成8年規則第1号)

この規則は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成12年規則第4号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

西ノ島町営バス運行事業の料金の徴収に関する規則

昭和53年4月25日 規則第11号

(平成12年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第11節 町営バス
沿革情報
昭和53年4月25日 規則第11号
昭和56年 規則第5号
昭和59年 規則第3号
昭和61年 規則第6号
平成元年 規則第8号
平成元年 規則第12号
平成3年 規則第1号
平成6年 規則第18号
平成8年 規則第1号
平成12年 規則第4号