○西ノ島町営バス事業運行管理規程

昭和49年7月15日

規程第1号

(趣旨)

第1条 西ノ島町営バス運行事業の設置及び管理に関する条例(昭和47年西ノ島町条例第22号)に基づき、設置される町営バス事業の運行の安全及び輸送力の確保を図るため、乗務員の適正な配置及び車両運用の合理化等これに関連する業務を完遂するため必要な事項を定める。

(運行管理者及び補助者の選任)

第2条 町長は、交通室に属する職員の中1名を運行管理者に選任し、別に補助者2名を選任する。

(運行管理業務)

第3条 運行管理業務は、次のとおりとする。

(1) 運行管理者は、運行管理全般について処理する。ただし、重要事項が発生したときは、町長の指示により処理するものとする。

(2) 補助者は、運行管理者の指示により運行管理業務の一部を担当する。

(3) 車両の運行中は、必ず管理者又は補助者が事務所にいるものとする。

(4) 乗務員は、西ノ島町営バス事業就業規則(昭和49年西ノ島町規則第3号)に従い、運行管理者又は補助者の指示を順守し、輸送の安全確保を図らなければならない。

(運行管理者の職務)

第4条 運行管理者は、旅客自動車運送事業等運輸規則(昭和31年運輸省令第44号。以下「運輸規則」という。)第48条第1項各号に定める次の事項を順守し、次条に定める事項を処理しなければならない。

(1) 運輸規則第15条第1項の規定により車掌を乗務させること。

(2) 天災その他の理由により輸送の安全の確保に支障が生ずるおそれがあるときは、乗務員に対する必要な指示その他輸送の安全のための措置を講じること。

(3) 過労の防止を十分考慮して、乗務員の勤務時間及び乗務時間の範囲内において乗務割を作成し、これに従い乗務員を乗務させること。

(4) 疾病、疲労、飲酒その他の理由により、安全な運転をすることができないおそれがある運転者を乗務させないこと。

(5) 運転者が長時間運転又は夜間の運転に従事する場合、疲労等により安全な運転を継続することができないおそれがあるときは、あらかじめ、交替するため運転者を配置すること。

(6) 運輸規則第24条の規定により運転者に対し、始業点呼を行い、これを記録し運行の安全を確保するために必要な指示を与えること。

(7) 乗務員に対し、乗務記録を作成させ、これを保存すること。

(8) 運輸規則第27条第1項の規定による運転基準図を作成し、運転者に対し適切な指導をすること。

(9) 運輸規則第27条第2項の運行表を作成し、運転者に携行させること。

(10) 運転者として選任された以外の者に事業用自動車を運転させないこと。

(11) 運転者に対し、運行する路線の状態及びこれに対処することができる運転技術並びに法令に定める自動車の運転に関する事項について適切な指導、監督を行うこと。

(12) 旅客の運送を目的としない場合を除き、旅客自動車運送事業用自動車の運転者の要件に関する政令(昭和31年政令第256号)の要件を備えない者に、事業用自動車を運転させないこと。

(13) 自動車事故報告規則(昭和26年運輸省令第104号)第5条の規定により定められた事故防止対策に基づき、事業用自動車の運行の安全の確保に関し、乗務員を指導すること。

(運行管理者の処理すべき事項)

第5条 運行管理者が前条の規定に基づき処理すべき事項は、次のとおりとする。

(1) 事故の場合の処置

事故発生の場合は、原則として現場に立会い、次の事項を行うこと。

 旅客の運送の継続又は送還の措置を行う。

 その他旅客の保全を期すること。

(2) 事故による死傷者に関する事項

旅客に死傷者が発生した場合は、必ず現場に急行し、的確に次のことを行い、必要あるときは、その状況を陸運事務所等に報告すること。

 死傷者等の応急手当、その他の保護

 家族等への通知、遺留品の保管等

(3) 事故再発防止について、次のことを行うこと。

 事故の調査及び原因の究明と記録書の作成

 事故統計分析等の作成

 事故発生状況からの防止対策の研究指導

(4) 異状気象時における措置

 異状気象時における処置要領の作成

 異状気象時の輸送の安全確保についての指示

(5) 乗務員の過労防止対策

 乗務時間、走行キロ、休憩時間、休憩場所等を定め、勤務体制の適正を図る。

 休憩施設等の保安、整備

 交代運転者の配置及び交代場所の指示

 公休、休日等を適切かつ効果的に与える。

 就業規則の順守を指導する。

 その他乗務員全体の乗務の調整を行う。

(6) 仕業点呼

 執行時間は、出庫前30分前から10分前までの間とし、厳正確実に行うこと。

 執行場所は、由良車庫前とする。

 点呼事項は、点呼簿に定められた内容のほか、特別指示及び質問について適時適応に行うこと。

 点呼の結果は、具体的に点呼簿に記入すること。

(7) 終業報告

 報告時刻は、帰着後速やかに行い、報告受理者、場所及び点呼簿の記入は、仕業点呼に準じて行うこと。

 報告受理の結果、他の係又は交代者に連絡、通報事項があるときは、確実に行うこと。

(8) 乗務記録の処理

 乗務記録は、運転者に作成させ提出させること。

 乗務記録の内容の審査を行い、次の運転計画の資料とするとともに、整理保管する。

(9) 乗務員の指導監督

 乗務員の教育計画をたてる。

 教育は、新規採用者と在来の者の再教育とに分ける。

 教育項目は、運転技術、法令、非常口、又は消火器等の扱い方、接客サービス及び事故例等を決めて定期的に行うほか、必要に応じて随時行う。

 運行状況を常に把握し、状況に変化があるときは適切な指示を与えること。

 乗務員の交通法令、就業規則等の順守状況を監督するため、査察の計画をたてて実施すること。

 乗務員に乗務指示を行うときは、健康の状況、運行地の熟知の状況車両の配置等十分考慮の上、適応した割当及び配置をすること。

(10) 応急用器具等の備え付け

 応急用器具及び部分品は、出発前に確認し、必ず携行させること。

(11) 消毒及び清掃

 車室内の消毒は、毎月上旬に行うよう指導し、消毒完了の確認を行うとともに車内に消毒済の表示を行うこと。

 車両の清潔を保持させるよう指導監督に努め、毎月10日を特別清掃日とし、乗務員に徹底させること。

第6条 運行管理者が不在のときは、補助者が前条の事項を処理するものとする。この場合、補助者は処理した事項について管理者に報告しなければならない。

(運転業務の委託)

第7条 町営バスの運行については、その業務を第三者に委託して運行することができる。

附 則

この規程は、昭和47年5月1日から実施する。

附 則(平成6年規程第4号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成11年規程第4号)

この規程は、平成11年4月1日から施行する。

西ノ島町営バス事業運行管理規程

昭和49年7月15日 規程第1号

(平成11年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第11節 町営バス
沿革情報
昭和49年7月15日 規程第1号
平成6年 規程第4号
平成11年 規程第4号