○西ノ島町職員の自家用自動車の公務使用に関する取扱規程

平成24年3月19日

規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、西ノ島町職員(以下「職員」という。)の自家用自動車(町有自動車以外の自動車で原動機付自動車を含む。以下「自家用自動車」という。)の公務使用に関する基準を定めるものとする。

(基準等)

第2条 職員の自家用自動車は、公務に使用してはならない。ただし、次のいずれかに該当する場合で、主務課長がその使用を承認した場合は、この限りでない。

(1) 災害その他緊急やむを得ない用務を処理する場合

(2) 公務を遂行するにあたって、交通機関若しくは公用車の利用が困難であって自家用自動車を利用すると公務遂行の能率が著しく向上すると認められる場合

2 主務課長は、前項に該当する場合であっても、次のいずれかに該当すると認めるときは、自家用自動車を公務に使用することを承認してはならない。

(1) 職員の心身の状態が傷病、過労、睡眠不足、薬物の影響等で自動車を運転することが不適当な場合

(2) 職員が過去1年間以内に道路交通法(昭和35年法律第105号)による運転免許の取消し又は停止の処分を受けている場合

(3) 職員の運転経験が十分でない場合

(4) 公務に使用しようとする自家用自動車が使用する職員以外の者から借用している場合

(5) 公務に使用しようとする自家用自動車の車両点検が十分でない場合

(6) 公務に使用しようとする自家用自動車に、任意保険契約(対人無制限かつ対物10,000千円以上)の締結がなされてない場合

3 前2項によるほか、特別な事情により公務に自家用自動車を使用するときは、あらかじめ町長の承認を得なければならない。

(承認の手続き)

第3条 職員が自家用車を公務に使用しようとするときは、あらかじめ「自家用自動車公務使用申請書」(別記様式1)を提出しなければならない。

2 職員が自家用自動車を公務に使用しようとする場合は、事前(承認を受けるいとまがない場合を除く。)に自家用自動車公務使用承認簿(別記様式2)により承認を受けなければならない。

(報償費)

第4条 自家用自動車の公務使用を承認された場合は、別に定める報償費を支給する。

(損害賠償)

第5条 第2条の基準により承認され、かつ、通常の経路上における事故によって起きた損害賠償の処理については、西ノ島町損害賠償事務取扱要領(平成24年要領第1号)及び島根県の定める損害賠償事務取扱要領(昭和43年7月24日訓人第112号)に準じて行うものとする。

2 第2条の基準により承認され、かつ、通常の経路上における事故によって起きた自家用自動車の故障に係る修理に要する費用は、事故証明を受けたものに限り弁償するものとする。ただし、職員の故意又は重大な過失によるものは弁償しない。

(その他)

第6条 西ノ島町町有自動車管理規則(平成24年規則第2号)は、この基準により使用した自家用自動車について準用する。

2 承認を受けないで自家用自動車を公務に使用して発生した災害については、公務上の災害として認めない。

3 自家用自動車を運転する職員以外の者が同乗する場合は、必要最小限とする。公務以外の者を同乗させた場合は、同乗者は、公務災害の対象としない。

附 則

この規程は、平成24年4月1日から施行する。

画像

画像

西ノ島町職員の自家用自動車の公務使用に関する取扱規程

平成24年3月19日 規程第1号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第3章
沿革情報
平成24年3月19日 規程第1号