○西ノ島町立中央公民館地区分館の設置に関する条例

昭和59年3月16日

条例第7号

(目的)

第1条 この条例は、社会教育法(昭和24年法律第207号)第42条の規定に基づき、公民館類似施設(以下「地区分館」という。)の設置に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(設置)

第2条 地区分館は、区長がこれを設置して町長の認可を受けなければならない。

(任務)

第3条 地区分館は、中央公民館の施策に即応し、又は独自に地区内の社会教育の推進の中核となる。

(組織)

第4条 地区分館に館長1名を置く。

2 主事その他の職員は、必要に応じて置くことができる。

(助成)

第5条 町長は、地区分館を設置した地区の区長に、運営並びに地区分館長の活動費を助成することができる。

(委任)

第6条 この条例の実施に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

西ノ島町立中央公民館地区分館の設置に関する条例

昭和59年3月16日 条例第7号

(昭和59年3月16日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和59年3月16日 条例第7号