○西ノ島町中央公民館珍崎分館運営規則

昭和61年3月18日

規則第4号

(名称)

第1条 この分館は、西ノ島町立中央公民館珍崎分館と称する。

(目的)

第2条 この分館は、珍崎地区住民の幸せな生活を願って、実際生活に即した教育及び文化・スポーツに関する各種の事業を行い、もって住民の教養を高め、健やかな体を養うとともに豊かな心情を培い、明るく住みよい町づくりに寄与することを目的とする。

(事業)

第3条 この分館は、前条の目的を達成するために西ノ島町立中央公民館の事業計画に応じ、次の事業を行う。

(1) 青年学級、婦人学級、成人学級、高齢者教室、家庭教育学級及び定期講座の開設

(2) 講習会、講演会、実習会、展示会、討論会等の開設

(3) 図書、模型、記録、資料等の設備とその利用促進

(4) 体育、レクリエーション等に関する集会の開催

(5) 住民の集会、その他公共事業に対する分館施設の利用促進

(6) その他社会教育の振興に必要と認める事業

(役員の選出及び任期)

第4条 この分館に次の役員を置き、任期は2年とし、再任は妨げない。ただし、欠員により補充されたものの任期は、前任者の残任期間とする。

(1) 分館長

(2) 副分館長

(3) 会計

(4) 監査員

2 分館長は、区会の推薦により、西ノ島町立中央公民館長が委嘱する。

3 副分館長及び会計は分館運営協議会の推薦により、分館長が委嘱する。

4 監査員は、分館運営協議会において選出する。

(役員の任期)

第5条 分館長は、分館に関する管理運営事務の一切の責任を負う。

2 副分館長は分館長を補佐し、分館長事故のある時はこれを代理する。

3 会計は、分館長の命を受け館務に従事する。

4 監査員は、会計を監査する。

(分館運営協議会)

第6条 この分館に分館運営協議会(以下「協議会」という。)を置く。

2 協議会は分館長の諮問に応ずるとともに、分館の運営について企画審議する。

3 協議会の協議員は若干名とし、分館長が委嘱する。

4 協議員の任期は2年とし、再任をさまたげない。

(協議会の会議)

第7条 協議会の会議は、分館長が必要と認めた場合及び協議員の3分の1以上の要求があった時、分館長が招集する。

2 協議会の議事は、出席委員の過半数でこれを決し、可否同数の時は議長の決するところによる。

3 会議の議長は分館長をもってこれにあてる。

(専門部)

第8条 この分館に第3条の事業を行うため、必要に応じて専門部を置くことができる。

(会計年度)

第9条 この分館の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

(経費)

第10条 この分館の経費は、町助成金・寄付金・会費その他をもってあてる。

(委任)

第11条 この規則に定めるもののほか、分館の運営について必要な事項は、分館長が協議会にはかって定める。

附 則

この規則は、昭和61年4月1日から施行する。

西ノ島町中央公民館珍崎分館運営規則

昭和61年3月18日 規則第4号

(昭和61年4月1日施行)