○小・中学校の体育施設開放に関する規則

平成7年4月1日

教育委員会規則第15号

(目的)

第1条 この規則は、広く住民にスポーツ活動の実践の機会を与えるため、学校教育に支障のない範囲で学校体育施設を提供し、(以下「学校の開放」という。)住民の健康の保持増進及び体力の向上並びにスポーツの健全な普及発展を図ることを目的とする。

(管理及び責任)

第2条 学校の開放を行う学校(以下「開放校」という。)の校長は、当該開放に伴う管理上の責任を負わないものとする。

2 前項の場合において、開放に伴う施設の管理は、教育委員会事務局職員のうちから教育長が指名する者(以下「管理責任者」という。)が行う。

(管理指導員)

第3条 開放校に管理指導員を置く。

2 管理指導員は、学校長と協議し、教育委員会が委嘱する。

3 管理指導員は、管理責任者の命を受け、学校の開放に伴う施設、設備の管理、使用者の安全確保及び指導に当る。

(開放の施設)

第4条 学校の開放施設は、小・中学校の屋外運動場及び屋内運動場とこれらの附帯施設とする。

(開放の日時)

第5条 学校の開放を行う日時は、別表の時間の範囲内で当該学校長が定める。

(使用許可)

第6条 学校の開放は、西ノ島町に在住する者が10人以上の団体を構成し、責任者が名簿を添えて教育委員会に登録した場合に限り許可する。

2 前項の規定による使用許可を受けた団体の責任者は、使用施設の善良な管理者としての責任と注意をもってことに当るものとする。

3 前項の義務を怠った場合において、第1項の登録を取り消すことがある。

(使用の禁止)

第7条 次の各号の1に該当する場合は、施設の使用を認めない。

(1) 公安を害し、風俗を乱すおそれがあると認めたとき。

(2) 政治活動、布教及び商行為をするおそれがあるとき。

(3) その他教育委員会及び学校長において支障ありと認めたとき。

(使用の中止)

第8条 教育委員会及び学校長は、この規則若しくは使用規程に違反し、又は管理指導委員の指示に従わない使用者に対しては、使用中でもその中止を命ずることができる。

(使用の手続き)

第9条 学校の開放施設を使用しようとする団体の責任者は、使用を希望する日の7日以前に所定の申込書(別記様式)によって当該学校長に申込み、あらかじめその許可を得なければならない。

(使用料及び弁償責任)

第10条 学校の開放施設の使用料は、徴収しないものとする。

2 使用者は、開放校の施設設備を故意又は過失によりき損し、若しくは亡失したときは、その使用団体の責任者が弁償の責任を負うものとする。

(事故の処理)

第11条 管理指導員は、開放中に事故が発生したときは、ただちにその概要を教育委員会に通報し、後日文書により報告しなければならない。

2 開放中に発生した事故については、教育委員会及びその関係者は、一切その責任を負わないものとする。

(利用施設への出入)

第12条 使用責任者は、許可書を管理指導員に提示し入校して、退校するときは、その旨を届けなければならない。

(施設の使用後の措置)

第13条 使用責任者は、使用後速やかに施設用具を点検し、原形に復し、使用簿に記載し、管理指導員に提出して使用終了報告をしなければならない。

(委任)

第14条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第5条関係)

区分

施設

日曜日等の休業日

平日

土曜日(第2・第4を除く)

屋外運動場

日の出から日没まで


午後2時から日没まで

屋内運動場

午前9時から午後10時まで

午後6時から午後10時まで

午後2時から午後10時まで

画像

小・中学校の体育施設開放に関する規則

平成7年4月1日 教育委員会規則第15号

(平成7年4月1日施行)