○西ノ島町若者宿管理運営規則

平成5年11月30日

規則第13号

(趣旨)

第1条 この規則は西ノ島町若者宿設置及び管理に関する条例(平成5年西ノ島町条例第21号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(開館時間)

第2条 西ノ島町若者宿(以下「若者宿」という。)は24時間開館とする。ただし、町長が必要があると認めるときは、時間を区切って閉館することができる。

(休館日)

第3条 若者宿は年中無休とする。ただし、町長が必要があると認めるときは、休館日を定めることができる。

(使用の承認の申請)

第4条 条例第5条第1項の承認を受けようとする者は、土曜日、日曜日、祝祭日及び12月28日から1月3日までの期間を除き、使用を開始しようとする日の3カ月前から使用を開始しようとする日までに、使用承認申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。ただし、町長が必要があると認めるときは、その期間によらないことができる。

(使用の承認)

第5条 条例第5条第1項の承認の通知は、町長が文書又は口頭でこれを行う。

(使用承認の変更)

第6条 条例第5条第1項の承認を受けた者(以下「使用者」という。)が当該承認に係る事項を変更しようとするときは、その変更の内容を町長に報告し、その指示に従わなければならない。

(使用料の減免)

第7条 条例第8条に規定する特別の理由とは、次の各号の1に該当する場合とし、減免する額は、当該各号に定めるところによる。

(1) 若者で組織している団体が研修の目的で使用するとき。使用料の3割

(2) 福祉・教育活動及び地域振興を目的とする団体が研修の目的で使用するとき。使用料の3割

(3) その他町長が必要と認める場合 町長が認める割合

(使用者の遵守すべき事項)

第8条 使用者は次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 火災、盗難の発生防止には十二分に注意し、各自が責任のある行動をとること。

(2) 使用の承認を受けた施設以外の施設に立ち入らないこと。

(3) 使用の承認を受けた設備以外の設備を使用しないこと。

(4) 伝染病患者、酩酊者、火薬、凶器等の危険物を携帯し、又は犬その他の動物(盲導犬を除く。)を伴う者その他若者宿内の秩序、風俗を乱すおそれがあると認められる者を若者宿へ入館させないこと。

(5) 管理者の指示に従うこと。

(損壊等の届出)

第9条 施設又は設備(以下「施設等」という。)を損壊し、又は滅失したときは、施設用具等破損届(様式第2号)においてすみやかに町長に届け出て、その指示に従わなければならない。

(運営委員会)

第10条 条例第13条で規定する若者宿運営委員会(以下「委員会」と言う。)は、委員10名で構成し、西ノ島町青年団長、中央公民館長、町議会総務厚生委員長の職にある者並びに関係社会教育団体の長、地域おこしグループのリーダー、学識経験のある者のうちから7名を町長が任命し、又は委嘱する。

(任期)

第11条 委員の任期は2年とする。ただし、青年団長、中央公民館長、町議会総務厚生委員長の職にある委員の任期は、その職にある期間とし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(委員長)

第12条 委員会に委員長を置く。

2 委員長は委員の互選とする。

(委員長の職務)

第13条 委員長は、会務を総理し、委員会を代表する。

2 委員長に事故あるときは、あらかじめ委員長が指名する委員が、その職務を代理する。

(会議)

第14条 委員会の会議は、毎年4月に定例会を開催するものとし、その他委員長が必要あると認める場合は臨時会を開催することができる。

(招集)

第15条 委員会の会議は、委員長が招集する。

(会議の成立)

第16条 委員会は、委員の半数以上が出席しなければ会議を開くことができない。

(議事)

第17条 委員会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは委員長の決するところによる。

(関係人の出席)

第18条 委員会は、必要があると認めるときは、関係人の出席を求めその意見を聞くことができる。

(結果報告)

第19条 委員長は、審議が終わったときは、速やかにその結果を町長に報告しなければならない。

(事務局)

第20条 委員会の事務局は、中央公民館におく。

(委任)

第21条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成5年12月1日から施行する。

附 則(平成16年規則第8号)

この規則は、平成16年4月1日より施行する。

附 則(平成16年規則第17号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像画像

画像

西ノ島町若者宿管理運営規則

平成5年11月30日 規則第13号

(平成16年7月20日施行)