○西ノ島町在宅介護支援センター設置及び管理に関する条例

平成11年6月28日

条例第18号

(趣旨)

第1条 この条例は、老人福祉法(昭和38年法律第133号)第15条第2項の規定に基づき、西ノ島町在宅介護支援センターの設置及び管理に関し、必要な事項を定めるものとする。

(目的)

第2条 在宅の要介護老人等の介護者に対して、在宅介護に関する総合的な相談に応じ、保健、医療、福祉における各種のサービスが総合的に受けられるよう調整し、要介護老人等及びその家族の福祉の向上を図るため、西ノ島町在宅介護支援センター(以下「支援センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第3条 支援センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 西ノ島町在宅介護支援センター

(2) 位置 西ノ島町大字浦郷544番地15に置く。

(事業)

第4条 支援センターは、第2条の目的を達成するため次の各号に掲げる事業を行う。

(1) 要介護老人等の実態把握及び各種公的保健福祉サービスの広報、啓発に関すること。

(2) 指定居宅介護支援業務に関すること。

(3) 在宅介護に係る指導、助言に関すること。

(4) 公的福祉サービスの適用の調整に関すること。

(5) 介護機器の展示及び紹介、高齢者向け住宅の増改築に係る相談と助言に関すること。

(6) 支援センター運営協議会の開催に関すること。

(7) 相談協力員の研修会の開催及び連絡調整に関すること。

(8) その他町長が必要と認める事業に関すること。

(委任)

第5条 この条例で定めるもののほか、支援センターの管理、運営その他必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成12年条例第17号)

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

西ノ島町在宅介護支援センター設置及び管理に関する条例

平成11年6月28日 条例第18号

(平成12年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
平成11年6月28日 条例第18号
平成12年 条例第17号