○西ノ島町老人等短期入所運営(ホームケア促進)事業実施要綱

平成3年4月1日

要綱第2号

(目的)

第1条 ホームケア促進事業(以下「事業」という。)は、養護を要する状態にある老人とその介護者が特別養護老人ホームに短期間滞在し、介護者に介護技術等を習得させることにより、これら老人とその家族の福祉の向上を図ることを目的とする。

(利用対象者及び利用施設)

第2条 事業の利用対象者及び利用できる施設(以下「利用施設」という。)は次のとおりとする。

おおむね65歳以上の者で、身体上又は精神上の著しい障害により、常時の介護を必要とするもの(以下「要保護老人」という。)及びその家族介護者

利用施設 特別養護老人ホーム 和光苑

2 前項に該当する者であっても、利用対象者が次の各号に該当する場合にあっては、原則としてホームケア促進事業の対象とならない。

(1) 伝染性疾患を有するとき。

(2) 医療機関等での特別な治療を必要とするとき。

(3) その他利用することが適当でないと認められるとき。

(事業内容及び利用期間)

第3条 事業の内容及び利用の期間は、次の各号に定めるとおりとする。

(1) 要保護老人に対するサービス

利用施設において、おおむね3週間程度の入所を行い、日常動作訓練及び介護の受け方の指導を行う。

(2) 家族介護者に対するサービス

利用施設において、要保護老人の入所期間中に、宿泊を含むおおむね7日間程度の介護実習を行う。

2 利用施設の長は、要保護老人及び家族介護者に対し、家族関係に関する指導、助言を行うとともに、家庭での介護方法等を記載したホームケアの指導書を作成し交付しなければならない。なお、その指導書の実施に当たって、町長の協力を要する事項については町長に連絡しなければならない。

3 利用施設の長は、ホームケアの指導を行うに当たって、家族介護者からの事情聴取をし、実地に調査することによって家庭環境及び家庭における介護の状況を把握するとともに、必要に応じその施設の嘱託医等の意見を聴取しなければならない。

(利用料)

第4条 利用者は、別表第1に定める経費のうち、飲食物費に相当する額(以下「利用料」という。)を負担しなければならない。ただし、利用者が生活保護世帯に属する場合には、利用料の負担を要しない。

2 介護実習に伴う実費は利用者の負担とする。

(費用の請求)

第5条 事業に要する経費の支払いを受けようとする利用施設の長は、事業実施の実績に基づき、別表第1に定める経費をそれぞれの区分に従い町長及び申込者に対し請求しなければならない。

2 第2条第1項で定める利用対象者のうち、別表第2の認定基準に該当するものは痴呆老人介護加算の対象とする。

2 町長は、この事業の実施について、町民に対して広報誌等を通じて周知を図るものとする。

附 則

この要綱は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成5年要綱第2号)

この要綱は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成6年要綱第2号)

この要綱は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成7年要綱第2号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成6年4月1日から適用する。

附 則(平成8年要綱第3号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成7年4月1日から適用する。

附 則(平成9年要綱第8号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成8年4月1日から適用する。

附 則(平成10年要綱第2号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成9年4月1日から適用する。

別表第1(第4条、第5条関係)

短期入所(ホームケア)事業に係る経

(単位:円)

世帯生計区分

経費負担

ホームケア

備考

事務費

痴呆性老人介護加算

飲食物費

生活保護世帯

町負担分

4,740

2,500

2,190


利用者負担分

0

0

0

その他の世帯

町負担分

4,740

2,500

0


利用者負担分

0

0

2,190

別表第2(第5条関係)

痴呆性老人介護加算対象者認定基準

次の1及び2のいずれにも該当する利用者を対象とする。

1 (1)に掲げる問題行動が2つ以上あること。

2 (2)に掲げる痴呆の程度が「中度」又は「重度」であること。

(1) 問題行動

わけもなく他人に暴力をふるう

失禁等の汚れに無関心であったり、便いじり等の不潔行為がある

目を離すと外へ出て徘徊する

外出して迷子になることがよくある

たばこやマッチ等火の不始末がたびたびある

昼と夜の区別がつかず、夜騒ぐ

大声をあげて騒ぐことがよくある

邪推がひどく、事実でないことを事実と思い込み攻撃的になる

物をしまい忘れて、盗まれたとか無くなったと騒ぐことがたびたびある

その他ア~ケに準ずる行為がある

(2)

程度

痴呆の症状

ア軽度

日常生活や理解は大体可能だが、内容に乏しく、あるいは不完全であり、時には生活指導や介護を必要とする。

イ中度

簡単な日常生活がどうやら可能であるが、なれない環境での一時的失見当があり、しばしば介護を必要とするほか、金銭管理・投薬の管理が必要なことが多い。

ウ重度

簡単な日常会話すら困難で、失見当があり、常時介護を必要とする。

*「失見当」の症例

自分がどこにいるのか分らない

さっき食事をしたことすら忘れる

自分の名前すら忘れる

寸前のことすら忘れる

自分の部屋がわからない

身近な家族のこともわからない

西ノ島町老人等短期入所運営(ホームケア促進)事業実施要綱

平成3年4月1日 要綱第2号

(平成10年3月17日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
平成3年4月1日 要綱第2号
平成5年 要綱第2号
平成6年 要綱第2号
平成7年 要綱第2号
平成8年 要綱第3号
平成9年 要綱第8号
平成10年 要綱第2号