○西ノ島町老人等短期入所運営(ナイトケア)事業実施要綱

平成3年4月1日

要綱第4号

(目的)

第1条 ナイトケア事業(以下「事業」という。)は、夜間の介護が困難な痴呆性老人等が一時的に夜間のみ特別養護老人ホームに入所し、夜間における家族の介護の負担の軽減を図るとともに、痴呆性老人等の在宅生活の維持、向上を図り、痴呆性老人等の家族の福祉の向上に資することを目的とする。

(利用対象者及び利用施設)

第2条 事業の利用対象者及び利用できる施設(以下「利用施設」という。)は次のとおりとする。

おおむね65歳以上の者で、身体上又は精神上の著しい障害により、常時の介護を必要とし、夜間の介護が必要なもの

利用施設 特別養護老人ホーム 和光苑

2 前項に該当する者であっても、利用対象者が次の各号に該当する場合にあっては、原則としてナイトケア事業の対象とならない。

(1) 伝染性疾患を有するとき。

(2) 医療機関等での特別な治療を必要とするとき。

(3) その他利用することが適当でないと認められるとき。

(利用の要件)

第3条 事業は、夜間における介護が困難である痴呆性老人等で、本人の状態及び家庭の事情により、夜間の利用が必要な場合に利用することができる。

(事業の内容及び利用期間)

第4条 事業の内容は、痴呆性老人等の夜間における介護並びに夕食及び翌日の朝食の提供とする。

2 利用の期間は、原則として7日以内とする。ただし、事業の開始時又は利用している時、次の各号に該当するやむをえない利用期間の延長事由が生じた場合であって、町長が認めたときには30日以内(1回のみ更新を認める)に限って利用期間を定めることができる。

(利用料)

第5条 利用者は、別表に定める経費のうち、飲食物費に相当する額(以下「利用料」という。)を負担しなければならない。ただし、利用者が生活保護世帯に属する場合には、利用料の負担を要しない。

(費用の請求)

第6条 事業に要する経費の支払いを受けようとする利用施設の長は、事業実施の実績に基づき、別表に定める経費をそれぞれの区分に従い町長及び申込者に対し請求しなければならない。

2 町長は、この事業の実施について、町民に対して広報誌等を通じて周知を図るものとする。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成5年要綱第1号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成4年4月1日から適用する。

附 則(平成6年要綱第3号)

この要綱は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成6年要綱第20号)

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成7年要綱第4号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成6年4月1日から適用する。

附 則(平成8年要綱第5号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成7年4月1日から適用する。

附 則(平成9年要綱第10号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成8年4月1日から適用する。

附 則(平成10年要綱第3号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成9年4月1日から適用する。

別表(第5条、第6条関係)

短期入所(ナイトケア)事業に係る経費

(単位:円)

世帯生計区分

利用の理由

ナイトケア

備考

事務費

飲食物費

生活保護世帯

町負担分

2,720円

1,490円


利用者負担分

0

0

その他の世帯

町負担分

2,720円

0


利用者負担分

0

1,490円

西ノ島町老人等短期入所運営(ナイトケア)事業実施要綱

平成3年4月1日 要綱第4号

(平成10年3月17日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
平成3年4月1日 要綱第4号
平成5年 要綱第1号
平成6年 要綱第3号
平成6年 要綱第20号
平成7年 要綱第4号
平成8年 要綱第5号
平成9年 要綱第10号
平成10年 要綱第3号