○西ノ島町地域包括支援センター設置要綱

平成18年4月3日

要綱第9号

(設置)

第1条 地域住民の心身の健康の保持及び生活の安定のために必要な援助を行うことにより、その保健医療の向上及び福祉の増進を包括的に支援することを目的として、西ノ島町地域包括支援センター(以下「支援センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 事業所の名称及び位置は次のとおりとする。

(1) 名称 西ノ島町地域包括支援センター

(2) 位置 島根県隠岐郡西ノ島町大字浦郷544番地15

(機能)

第3条 支援センターは、高齢者の多様なニーズや相談を総合的に受け止め、尊厳ある生活の継続のために必要な支援につなぐ「総合性」と、介護保険サービスのみならず、地域の保健・福祉・医療サービスやボランティア活動、支え合いなどの多様な社会資源を有機的に結びつける「包括性」、高齢者の心身の状態の変化に応じて、生活の質が低下しないように適切なサービスを継続的に提供する「継続性」の3点を主な視点とする地域包括支援体制確立のために、次に掲げる機能を担う。

(1) 地域に、総合的、重層的なサービスネットワークを構築すること。

(2) 高齢者の相談を総合的に受け止めるとともに、訪問して実態を把握し、必要なサービスにつなぐこと。

(3) 虐待の防止など高齢者の権利擁護に努めること。

(4) 高齢者に対し包括的かつ継続的なサービスが提供されるよう、地域の多様な社会資源を活用したケアマネジメント体制の構築を支援すること。

(5) 介護予防事業、新たな予防給付が効果的かつ効率的に提供されるよう、適切なマネジメントを行うこと。

(事業)

第4条 支援センターは、次に掲げる業務を行う。ただし、業務の一部を指定居宅支援事業所等に委託することができる。

(1) 特定高齢者等の実態把握及び各種保健福祉サービスの広報及び啓発に関すること。

(2) 介護予防及び保健・福祉に関する各種相談、指導及び助言に関すること。

(3) 地域支援事業サービスの提供及び調整に関すること。

(4) 福祉用具の展示及び紹介、高齢者向け住宅の増改築に係る相談及び助言に関すること。

(5) 相談協力員の連絡調整に関すること。

(6) 居宅介護支援事業に関すること。

(7) その他町長が必要と認めた事項

(連携)

第5条 支援センターの運営を適正かつ円滑に行うため、隠岐広域連合設置の地域包括支援センター運営協議会と連携を図りながら実施するものとする。

(委任)

第6条 この要綱の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行し、平成18年4月1日から適用する。

西ノ島町地域包括支援センター設置要綱

平成18年4月3日 要綱第9号

(平成18年4月3日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
平成18年4月3日 要綱第9号