○西ノ島町携帯電話購入費助成事業要綱

平成25年4月1日

要綱第12号

(目的)

第1条 この要綱は、本町在住の高齢者及び重度身体障がい者に対し、携帯電話を購入する際の費用を助成し、緊急時の連絡等の手段の確保を目的とする。

(対象者)

第2条 この事業を利用できる者(以下「対象者」という。)は、町内に住所を有し、短縮ボタン(ワンタッチダイヤル)、GPS機能の付いた携帯電話を購入した者とし、次の各号に定めた者とする。

(1) 75歳以上の単身の高齢者

(2) 単身の重度身体障がい者

(3) 世帯全員が介護保険制度における要支援・要介護認定者または重度身体障がい者

(助成の額)

第3条 助成の額は、購入に係る費用の3分の2(その額に100円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)とし、5,000円を上限とする。

(助成の申請)

第4条 購入費の助成を受けようとする者は、携帯電話購入の際の領収書等を添えて、携帯電話購入費助成申請書(様式第1号)を町長に提出するものとする。

(助成の決定)

第5条 町長は、前条の規定による申請があったときは、内容の審査と必要な調査を行い、助成を決定し、携帯電話購入費助成決定通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(不正利得の返還)

第6条 町長は、偽りその他不正な行為により購入費の助成を受けたと認められるときは、その者から当該支給に係る金額の全部を返還させるものとする。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成25年4月1日から施行する。

(西ノ島町緊急通報用電話機貸与に関する規程の廃止)

2 西ノ島町緊急通報用電話機貸与に関する規程(平成2年規程第1号)は廃止する。

(経過措置)

3 この要綱の施行の際、現に前項の規定による廃止前の西ノ島町緊急通報用電話機貸与に関する規程(以下「旧規程」という。)の規定により緊急通報用電話機の(以下「電話機」という。)の貸与を受けている者に係る当該電話機の貸与については、旧規程第4条から第6条までの規定は、その者が当該電話機の貸与を受けている間に限り、なおその効力を有する。

画像

画像

西ノ島町携帯電話購入費助成事業要綱

平成25年4月1日 要綱第12号

(平成25年4月1日施行)