○西ノ島町予防接種健康被害調査委員会設置に関する条例

平成7年3月22日

条例第11号

(設置)

第1条 町民の伝染病予防対策として実施する予防接種業務を円滑に遂行するため、西ノ島町予防接種健康被害調査委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(目的)

第2条 委員会は、予防接種に関連して発生した健康被害について、当該事例について医学的な見地からその原因及び責任の所在を明らかにすることを目的とする。

(組織)

第3条 委員会は、委員6名で組織しその委員は次の各号に掲げる者のうちから町長が委嘱する。

(1) 知識経験者 2名

(2) 医師会関係者 2名

(3) 行政関係者 2名

(任期)

第4条 前条の委員の任期は、3年とし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。ただし、再任を妨げない。

(委員長)

第5条 委員会の委員長は、委員の互選による。委員長は委員会を代表し会務を処理する。

2 委員長に事故あるときは、予め委員長の定めた委員が委員長の職務を代行する。

(審議の請求)

第6条 町長は、予防接種による健康被害が発生したときは、委員会の審議に付さなければならない。

(招集)

第7条 委員長は、前条により町長が委員会の請求をしたときは、速やかに会議を招集し、審議を行わなければならない。

2 会議の招集は、緊急を要する場合を除き、開催の場所、日時及び会議に付すべき事項を委員長が予め文書で委員に通知して行うものとする。

(報告)

第8条 委員長は、審議の結果を文書をもって町長に報告しなければならない。

(報酬及び費用弁償)

第9条 委員に報酬及び費用弁償を支給する。

(庶務)

第10条 審議会の庶務は、健康福祉課が担当する。

(委任)

第11条 この条例に定めるもののほか委員会の運営について、必要な事項は町長が定める。

附 則

1 この条例は、公布の日から施行する。

2 西ノ島町予防接種事故調査審議会設置に関する条例(昭和51年条例第32号)は、廃止する。

附 則(平成23年3月11日条例第8号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

西ノ島町予防接種健康被害調査委員会設置に関する条例

平成7年3月22日 条例第11号

(平成23年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 生/第1節 保健衛生
沿革情報
平成7年3月22日 条例第11号
平成23年3月11日 条例第8号