○西ノ島町し尿処理施設設置運営要領

昭和63年2月8日

要領第2号

(趣旨)

1 西ノ島町し尿処理施設設置運営については、海士町・西ノ島町し尿処理に関する事務の委託に関する規約に定めるもののほか、この要領の定めるところによる。

(職員の定数)

2 し尿処理場職員の定数は、3名とする。

(経費の負担)

3 経費は、西ノ島町長と海士町長が協議により決定し、西ノ島町、海士町の負担額は、別表に定める割合により算定した額(以下「負担金」という。)とする。

(1) 海士町は、前項の規定による負担金を毎四半期の始めに西ノ島町に納付しなければならない。

(条例等の改正の場合の措置)

4 委託事務の管理及び執行について適用される西ノ島町の条例等の全部若しくは一部を変更しようとする場合においては、西ノ島町長と海士町長と協議して行うものとする。

附 則

この要領は、公布の日から施行し、昭和62年4月1日から適用する。ただし、別表中、管理経費については、昭和63年4月1日から適用する。

附 則(平成4年要領第2号)

この要領は、公布の日から施行する。

附 則(平成6年要領第4号)

この要領は、公布の日から施行する。

附 則(平成11年要領第3号)

この要領は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成14年要領第1号)

この要領は、公布の日から施行し、平成14年4月1日から適用する。

別表(第3関係)

経費の種類

負担方法

建設経費

人口割

100分の50

西ノ島町 100分の61

海士町 100分の39

計画収集割

100分の50

管理経費

収集実績割

海士町のし尿貯溜槽から西ノ島町し尿処理施設までの運搬経費を含む。

ただし、運搬経費については、

西ノ島町 100分の50

海士町 100分の50

漁業(農業)集落排水汚泥の運搬経費についてはその区域の属する町村の負担とする。

施設改良経費

平成13年度収集割

西ノ島町 100分の64

海士町 100分の36

西ノ島町し尿処理施設設置運営要領

昭和63年2月8日 要領第2号

(平成14年7月24日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 生/第2節 環境衛生
沿革情報
昭和63年2月8日 要領第2号
平成4年 要領第2号
平成6年 要領第4号
平成11年 要領第3号
平成14年 要領第1号