○西ノ島町排水処理施設使用料に関する規則

平成15年3月31日

規則第3号

西ノ島町漁業集落排水処理施設使用料に関する規則(平成13年西ノ島町規則第20号)の全部を改正する。

(使用料の徴収)

第2条 生活排水条例第13条に規定する使用料は納入通知書又は口座振替の方法により2ケ月を1期として徴収する。

(特別な場合における使用料の算定)

第3条 使用期間の中途において、施設の使用を開始し、若しくは再開し、又は休止若しくは廃止したときの使用料の額は、次の各号に定めるところによる。

(1) 給水量が基本水量の2分の1に満たないときは、基本料金の2分の1とする。

(2) 給水量が基本水量の2分の1を超えるときは、1期分とみなして算定する。

2 水道水以外の水を使用した場合は、その使用量とし、使用量は使用者の使用の態様を勘案して町長が認定する。

3 一般家庭以外の事業所等で、その事業等に伴い使用する水の量が、その事業等に伴い排水設備に排水する汚水の量と著しく異なるものを営むものについては、その使用者の申告に基づき、使用の態様を勘案して町長が使用量を認定する。

(使用料の特例)

第4条 町長は西ノ島町生活排水処理施設の設置及び管理に関する規則(平成15年西ノ島町規則第1号。以下「規則」という。)第9条の規定による合併処理浄化槽設置者及び使用者に対し、電気料金負担相当額として1月当り500円を基本料金から控除するものとする。ただし、その月の使用期間が1月に満たないときは、日割り計算による額を電気料金相当額として基本料金から控除するものとする。

(使用料の減免)

第5条 町長は、公益上その他特別な理由があると認めたときは、使用料を減免することができる。

2 使用料の減免を受けようとする者は、西ノ島町排水処理施設使用料減免申請書(様式第1号)により町長に申請しなければならない。

3 町長は、前項の申請があったときは、使用料の減免の可否を決定し、西ノ島町排水処理施設使用料減免決定通知書(様式第2号)により通知するものとする。

(過料)

第6条 町長は、詐欺その他不正行為によって、使用料の徴収を免れた者に対し、徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えないときは、5万円とする。)以下の過料を科すことができる。

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行前に、西ノ島町漁業集落排水処理施設使用料に関する規則(平成13年西ノ島町規則第20号)の規定によりされた手続き、許可等の処分その他の行為は、この規則に基づいてなされたものとみなす。

附 則(平成19年規則第18号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年規則第19号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

西ノ島町排水処理施設使用料に関する規則

平成15年3月31日 規則第3号

(平成20年9月22日施行)