○西ノ島町松くい虫被害跡地造林事業補助金交付要綱

平成5年3月22日

要綱第4号

(趣旨)

第1条 西ノ島町の交付する松くい虫被害跡地造林事業補助金については、補助金等交付規則(昭和53年西ノ島町規則第11号。以下「規則」という。)に規定するもののほか、この要綱の定めるところによる。

(補助金交付の目的等)

第2条 松くい虫被害跡地造林事業補助金の交付の目的、交付の対象である事業の内容、交付の率、採択の基準及び補助事業者の範囲は次の表のとおりとし、予算の範囲内で交付するものとする。

補助金交付の目的

補助金交付の対象である事業の内容

交付の率

採択の基準

補助事業者の範囲

松くい虫被害跡地の造林を計画的に推進し、健全な緑の復元を図る。

一般造林事業により、松くい虫被害跡地において実施する樹種転換造林事業

県の査定した造林経費の2分の1

島根県一般造林事業補助金の交付を受けた造林事業のうち、「矮転」及び「被害跡地」の造林に係るもの

森林所有者若しくは森林組合

(交付申請)

第3条 補助金の交付を受けようとする者が、規則第4条の規定により提出する書類は次の表に定めるところによるものとし、その提出期日は同表に掲げるとおりとする。

提出する申請書の名称

様式

申請書に添付すべき書類の名称

様式

提出期限

松くい虫被害跡地造林事業補助金交付申請書

様式第1号

松くい虫被害跡地造林事業成績書

様式第1号附属様式1

3月末日

造林事業収支精算書

様式第1号附属様式2

(交付決定等)

第4条 町長は、補助金の交付申請があったときは、規則第5条及び第11条の規定により、原則として補助金の交付決定及び補助金の額の確定(様式第2号)を同時に行うものとする。

(交付の条件)

第5条 次に掲げるものは規則第6条の規定により附した条件とする。

(1) 補助事業の施行地を当該補助事業の完了年度の翌年度から起算して5年以内に森林以外の用途へ転用する場合(補助事業の施行地を売り渡し、若しくは譲渡し、又は賃借権、地上権等の設定をさせた後、当該事業の施行地が森林以外の用途へ転用される場合を含む。次号において同じ。)において、当該転用に係る面積が1事業年度の1施行地について1ヘクタール以上にわたるものであるときは、あらかじめ町長にその旨を届け出ると共に、当該転用に係る森林につき交付を受けた補助金相当額を返還すること。

(2) 補助事業の施行地を当該補助事業の完了年度の翌年度から起算して5年以内に森林以外の用途へ転用する場合において、当該転用に係る面積が1事業年度の1施行地について1ヘクタール未満のときは、当該転用に係る森林につき交付を受けた補助金相当額の返還を命ずることがあること。

(3) 補助事業の施行地は、補植、保育等成林に必要な保育管理を行い、必要があると認められる場合は、森林保険等に加入すること。

(書類の整備)

第6条 補助事業者は、補助事業に係る収入及び支出を明らかにした帳簿を備え、当該帳簿その他町長が別に定める書類を当該補助事業の完了とした日の属する会計年度の終了後5年間保存しておかなければならない。

附 則

この要綱は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成6年要綱第24号)

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成9年要綱第2号)

この要綱は、平成9年4月1日から施行する。

画像画像画像

画像

西ノ島町松くい虫被害跡地造林事業補助金交付要綱

平成5年3月22日 要綱第4号

(平成9年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農林・水産/第4節
沿革情報
平成5年3月22日 要綱第4号
平成6年 要綱第24号
平成9年 要綱第2号