○西ノ島町防犯カメラ管理運用規程

平成28年2月5日

規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、西ノ島町内における住民の安全と犯罪の防止等を目的として、町が設置する防犯カメラの適正な管理運用等を図ることについて、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 防犯カメラ 町が犯罪の防止等を目的として固定して設置した録画機能を備えたカメラをいう。

(2) 画像 防犯カメラにより撮影され、及び記録された画像をいう。

(設置場所の明示)

第3条 町長は、防犯カメラの設置が地域住民及び訪問者等に明らかになるように、防犯カメラが設置されている旨を掲示する。ただし、町長が掲示することが適当でないと認めるときは、この限りではない。

(管理責任者)

第4条 町長は、防犯カメラ及び画像の適正な管理及び運用を図るため、防犯カメラ管理責任者(以下「管理責任者」という。)を置く。

2 管理責任者は、総務課長をもって充てる。

3 管理責任者は、防犯カメラ及び画像の適正な管理及び運用のために必要な措置を講ずるものとする。

(画像の閲覧)

第5条 管理責任者は、業務上必要があると認めるときは、指定する職員に画像を閲覧させることができる。

(留意事項)

第6条 管理責任者は、個人のプライバシーを不当に侵害することのないように、慎重を期さなければならない。

2 画像は、特定の個人及び建物等を対象としない。

(提供の制限等)

第7条 防犯カメラの画像は、刑事訴訟法(昭和23年法律第131号)第197条第2項の規定により捜査機関から求めがあったときに限り、これを提供するものとする。ただし、犯罪の防止等緊急かつやむを得ない事由があると認められるときはこの限りではない。

2 前項の規定による画像の提供は、必要かつ適切な範囲に限るとともに、当該画像の提供に当たっては、提供を受ける者に対し、次に掲げる事項の遵守を求めるものとする。

(1) 画像を適正に管理すること。

(2) 提供を求めた目的以外の目的での利用及び第三者への無断提供をしないこと。

(3) 提供を求めた目的を達成したとき、又は当該目的が達成されないことが判明したときは速やかに画像を返却又は破砕等を行うこと。

3 管理責任者は、第1項の規定により画像を提供したときは、閲覧の日時、閲覧目的、閲覧者及び画像の範囲(日時・場所)を利用閲覧簿に記載する。

(その他)

第8条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

西ノ島町防犯カメラ管理運用規程

平成28年2月5日 規程第1号

(平成28年2月5日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第13節 その他
沿革情報
平成28年2月5日 規程第1号