○西ノ島町コミュニティ図書館設置及び管理に関する条例

平成30年6月20日

条例第18号

(設置及び目的)

第1条 町民の暮らしとコミュニティを支える教育・文化を軸とした交流拠点施設として西ノ島町コミュニティ図書館(以下「コミュニティ図書館」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

西ノ島町コミュニティ図書館

西ノ島町大字浦郷67番地8

(管理)

第3条 コミュニティ図書館の管理は、西ノ島町教育委員会(以下、「教育委員会」という。)が行う。

(指定管理者による管理)

第4条 コミュニティ図書館の管理は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2第3項の規定により、法人その他団体であって町長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができるものとする。

2 指定管理者は、第7条に掲げる業務を行うものとする。

3 前項の規定に基づき指定管理者に管理を行わせたときは、第11条の「教育委員会」とあるのは「指定管理者」と読み替えるものとする。

(指定管理者への指導及び助言)

第5条 町長は、指定管理者に対して、必要な指導及び助言をすることができる。

(職員)

第6条 コミュニティ図書館に館長その他必要な職員を置く。

(業務)

第7条 コミュニティ図書館は、次の各号に掲げる業務を行う。

(1) 資料の収集、整理及び保存に関すること

(2) 読書案内及び予約を含む資料の貸出に関すること

(3) 調査及び研究のための相談に応ずること

(4) 読書会及び研修会等を開催すること

(5) 学校、公民館等と緊密に連絡し、協力すること

(6) 館報その他資料を提供すること

(7) 子育ての相談等、子育て支援に関すること

(8) 第8条に規定する使用料の徴収業務に関すること

(9) 前各号に掲げるもののほか、必要と認める業務

(使用料)

第8条 コミュニティ図書館の利用にあたっては、別表に定める使用料を支払わらなければならない。

(使用料の減免)

第9条 町長は、次の各号のいずれかに該当するときは、前条に規定する使用料を減免することができる。

(1) 町、町内小・中学校、隠岐島前高等学校、町内保育所が使用するとき

(2) 国、他の地方公共団体その他公共団体又は公共的団体において、公用若しくは公共用又は公益事業の用に供するとき

(3) その他町長が適当と認めるとき

(コミュニティ図書館運営委員会)

第10条 コミュニティ図書館の管理運営を適正かつ円滑に行うため、西ノ島町コミュニティ図書館運営委員会(以下「運営委員会」という。)を置く。

2 運営委員会の委員(以下「委員」という。)の定数は10人以内とし、次の各号に掲げる者のうちから教育委員会が委嘱する。

(1) 学校教育及び社会教育の関係者

(2) 家庭教育の向上に資する活動を行う者

(3) 学識経験のある者

3 委員の任期は、2年とし、再任は妨げない。ただし、補欠による委員の任期は、前任者の残任期間とする。

4 委員に、西ノ島町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(昭和42年西ノ島町条例第21号)の定めるところにより、報酬及び費用弁償を支給する。

(資料の選択、収集及び廃棄処理)

第11条 資料の選択、収集及び廃棄処理については、教育委員会がこれを決定する。

(委任)

第12条 この条例に定めるもののほか、コミュニティ図書館の管理運営に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成30年7月1日から施行する。

(特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例一部改正)

2 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(昭和42年西ノ島町条例第21号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

別表(第8条関係)

1 基本料金

場所

時間

料金

縁側キッチン

1時間

300円

交流・学習室A

1時間

200円

交流・学習室B

1時間

200円

備考 使用料の算定にあたっては、1時間に満たない場合は1時間として計算する。

2 追加料金

1) 町民以外の者が使用する場合は2倍とする。

2) 営利を目的として使用する場合は3倍とする。

西ノ島町コミュニティ図書館設置及び管理に関する条例

平成30年6月20日 条例第18号

(平成30年7月1日施行)