○入善町子ども医療費助成に関する条例施行規則

平成31年3月29日

入善町規則第10号

(趣旨)

第1条 この規則は、入善町子ども医療費助成に関する条例(平成30年入善町条例第28号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(対象の給付)

第2条 条例第2条第8項の規則で定める給付は、次のとおりとする(入院時の食事療養に要した費用を除く。)

(1) 保険外併用療養費

(2) 訪問看護療養費

(3) 家族訪問看護療養費

(4) 特別療養費

(保険医療機関等)

第3条 条例第2条第9項の規則で定める者は、次のとおりとする。

(1) 健康保険法(大正11年法律第70号)第88条第1項に規定する指定訪問看護事業者

(2) 柔道整復師法(昭和45年法律第19号)第2条第1項に規定する柔道整復師

(3) あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律(昭和22年法律第217号)第3条の2に規定するあん摩マツサージ指圧師、はり師及びきゆう師

(4) 前各号に掲げる者のほか町長が認めた者

(受給資格の登録)

第4条 条例第3条の規定による助成を受けようとする対象者の保護者は、子ども医療費受給資格登録(変更)申請書(様式第1号。以下「登録申請書」という。)に次に掲げる書類を添えて町長に提出し、受給資格の登録を受けなければならない。

(1) 被保険者証、組合員証又は加入者証(以下「保険証」という。)

(2) その他町長が必要と認める書類

2 受給資格の登録は、条例第6条に規定する助成の対象となる期間において対象者が条例第3条第1項又は同条第2項の規定に該当する間は継続するものとする。

3 保護者は、町長から、受給資格の確認のために必要な書類の提出を求められたときは、速やかにこれを提出しなければならない。

(令4規則2・一部改正)

(受給資格証等の交付)

第5条 町長は、前条第1項の規定により登録した対象者の保護者に対し、子ども医療費受給資格証(様式第2号。以下「受給資格証」という。)及び子ども医療費(償還払)助成申請兼請求書(様式第3号。以下「申請兼請求書」という。)に必要事項を記載して交付しなければならない。

(有効期間)

第6条 出生、転入等により資格を有する対象者となった場合における有効期間の始期は、次に掲げる場合の区分に応じ、それぞれ当該各号に定める日とする。

(1) 出生、転入等により対象者となった日(以下「事由発生日」という。)から15日以内に町において登録申請書を提出した場合 事由発生日

(2) 事由発生日から15日を超えて町において登録申請書を提出した場合 事由発生日又は登録申請書を提出した日の属する月の初日のいずれか遅い日

2 次の各号に掲げる場合における有効期間の終期は、それぞれ当該各号に定める日とする。

(1) 対象者が町の区域内から他の市町村に転出した場合 当該町の区域内に住所を有しなくなった日

(2) 対象者が死亡した場合 死亡の日

(3) 対象者が医療保険各法(国民健康保険法を除く。)に定める被保険者の資格及び国民健康保険法に定める世帯主又は組合員である被保険者の資格を取得した場合 当該資格を取得した日

(4) 対象者が婚姻した場合 婚姻の日

(5) 対象者が生活保護法(昭和25年法律第144号)の規定による保護の決定を受けた場合 当該決定を受けた日

(6) 対象者が入善町重度心身障害者等医療費助成条例(昭和58年入善町条例第1号)又は入善町ひとり親家庭等医療費助成に関する条例(平成5年入善町条例第15号)の規定による助成を受けることができることとなった場合 当該助成を受けることとなった日の前日

(受給資格証の提示等)

第7条 対象者の保護者は、次に掲げるときは、保険医療機関等に受給資格証及び保険証を提示しなければならない。

(1) 県内の保険医療機関等で対象者が医療を受けるとき。

(2) 県外の町長と契約した保険医療機関等で対象者が医療を受けるとき。

(令4規則2・一部改正)

(助成額の審査及び支払事務の委託)

第8条 条例第7条本文の規定による保険医療機関等に支払う助成額の審査及び支払事務は、町長が富山県国民健康保険団体連合会及び社会保険診療報酬支払基金に委託して行うものとする。

(令4規則2・一部改正)

(償還払)

第9条 条例第7条ただし書の規定による助成を受けようとする対象者の保護者は、申請兼請求書を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の規定により申請兼請求書を受理したときは、その内容を審査し、当該申請に係る助成額を決定して、対象者の保護者に助成金を交付するものとする。

(令4規則2・一部改正)

(変更申請等)

第10条 第5条の規定による受給資格証の交付を受けた保護者は、当該受給資格証に係る申請事項に変更があったときは、遅滞なく、第4条の規定に準じた申請措置をとらなければならない。

2 保護者は受給資格を喪失したときは、交付を受けた受給資格証等を町長に返還しなければならない。

(添付書類の省略)

第11条 町長は、この規則の規定により申請書又は届出に添えて提出する書類等について、証明すべき事実を公簿等により確認することができるときは、当該書類の提出を省略させることができる。

(諸帳簿の整備)

第12条 町長は、医療費の助成状況を明らかにするため、必要な帳簿を備え、常に整備しなければならない。

(施行期日)

1 この規則は、平成31年4月1日から施行する。

(入善町乳児及び幼児医療費助成に関する施行規則等の廃止)

2 次に掲げる規則は、廃止する。

(1) 入善町乳児及び幼児医療費助成に関する条例施行規則(平成7年入善町規則第9号)

(2) 入善町児童医療費の助成に関する条例施行規則(平成17年入善町規則第3号)

(経過措置)

3 この規則の施行の際現に廃止前の入善町乳児及び幼児医療費助成に関する条例施行規則第4条又は入善町児童医療費の助成に関する条例施行規則第4条の規定による登録を受けている者は、第4条の規定による登録を受けているものとみなす。

4 この規則の施行の際現に廃止前の入善町乳児及び幼児医療費助成に関する条例施行規則第5条又は入善町児童医療費の助成に関する条例施行規則第5条の規定により交付されている子ども医療費受給資格証は、当該受給資格証の有効期間の満了する日までの間は、第5条の規定により交付された子ども医療費受給者資格証とみなす。

5 入善町乳児及び幼児医療費助成に関する条例施行規則及び入善町児童医療費の助成に関する条例施行規則に定める様式による用紙は、当分の間、所要の調整をして使用することができる。

6 この規則の規定は、この規則の施行の日以後に行われた保険医療機関等に係る医療費の助成について適用し、同日前に行われた保険医療機関等に係る医療費の助成については、入善町乳児及び幼児医療費助成に関する条例施行規則及び入善町児童医療費の助成に関する条例施行規則の例による。

(準備行為)

7 町長は、この規則の施行の日前においても、この規則に規定する事務の実施に必要な準備行為をすることができる。

(令和3年8月10日規則第20号)

この規則は、公布の日から施行する。ただし、様式第1号の改正規定(「寡夫」を「ひとり親」に改める部分に限る。)は、令和3年10月1日から施行する。

(令和4年3月16日規則第2号)

(施行期日)

1 この規則は、令和4年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日前に受診した医療費に係る助成については、改正後の入善町子ども医療費助成に関する条例施行規則の規定にかかわらず、なお従前の例による。

3 この規則による改正前の入善町子ども医療費助成に関する条例施行規則に定める様式による用紙は、当分の間、所要の調整をして使用することができる。

(令4規則2・全改)

画像

(令4規則2・一部改正)

画像

(令3規則20・一部改正)

画像

入善町子ども医療費助成に関する条例施行規則

平成31年3月29日 規則第10号

(令和4年4月1日施行)