○小浜市名誉市民条例

昭和52年4月1日

条例第17号

(目的)

第1条 この条例は、広く社会文化の興隆または本市の発展に貢献した者等に小浜市名誉市民(以下「名誉市民」という。)の称号を贈り、その栄誉をたたえ、功績を顕彰することを目的とする。

(称号を贈る条件)

第2条 名誉市民の称号は、本市に居住している者または本市に居住したことのある者もしくは本市にゆかりの深い者で、公共の福祉を増進し、または地方自治、学術、文化、産業経済の進展に寄与し、もつて市民生活の向上に貢献し、もしくは本市の発展に尽すいしその功績が卓絶で市民が郷土の誇りとして敬愛する者に贈ることができる。

(推挙)

第3条 名誉市民は、市長が市議会の同意を得て推挙する。

(顕彰)

第4条 市長は、名誉市民を推挙したときは、速やかにその称号および名誉市民章を贈るとともに、その事績を市の広報で顕彰する。

(礼遇)

第5条 名誉市民に対しては、次の礼遇をすることができる。

(1) 市の行う公の式典への参列

(2) 死亡したときは、市の弔辞を贈り供典するものとする。

(3) その他市長が必要と認める礼遇

(特別名誉市民)

第6条 第2条の規定にかかわらず、市長は、特に本市との友好親善に貢献したと認められる外国人に対し、小浜市特別名誉市民の称号および小浜市特別名誉市民章を贈ることができる。

(称号の取消し)

第7条 名誉市民が本人の責めに帰すべき行為により、著しく名誉を失い、市民の尊敬を得なくなつたと認められるときは、市長は、市議会の同意を得て名誉市民の称号を取消すことができる。

2 前項の規定により、名誉市民でなくなつた者は、その取消しの日からこの条例によつて与えられた礼遇を失う。

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和52年9月28日条例第25号)

この条例は、公布の日から施行する。

小浜市名誉市民条例

昭和52年4月1日 条例第17号

(昭和52年9月28日施行)

体系情報
第1編 規/第3章
沿革情報
昭和52年4月1日 条例第17号
昭和52年9月28日 条例第25号