○小浜市議会議員政治倫理条例

平成11年3月23日

条例第23号

(目的)

第1条 この条例は、市政が市民の厳粛な信託に基づくものであることを認識し、その担い手たる市議会議員(以下「議員」という。)は、市民全体の奉仕者として、その人格と倫理の向上に努め、いやしくも自己の地位による影響力を不正に行使して自己の利益を図らないことを市民に宣言するとともに、清浄で公正に開かれた市政の発展に寄与することを目的とする。

(政治倫理基準)

第2条 議員は、市政に携わる責務を深く自覚し、次の各号に掲げる政治倫理基準を遵守しなければならない。

(1) 公職選挙法(昭和25年法律第100号)で禁止されている寄付行為はもとより、その地位を利用していかなる金品も授受しないこと。

(2) 市が発注する公共工事および業務委託(建設業法(昭和24年法律第100号)第22条および小浜市工事請負契約約款第6条の規定を準用する。以下「工事等」という。)に関して、特定業者の斡旋はもとより、推薦または紹介に関し強要はしないこと。

(3) 議員、議員の配偶者、父母、子もしくは兄弟姉妹が役員をしている企業または議員が実質的に経営に携わる企業は、前号に規定する工事等に関して契約をしてはならない。

2 議員は、政治倫理に反する事実があるとの疑惑をもたれたときは、第3条に定める政治倫理審査会に出席し、自ら潔い態度をもって疑惑の解明に当たるとともに、その責任を明らかにしなければならない。

(政治倫理審査会の設置)

第3条 議長は、政治倫理確立のため調査、審査を行う必要があると認めるときは、小浜市議会議員政治倫理審査会(以下「審査会」という。)を置くことができる。

2 審査会は、議長から調査の依頼があったときは、当該議員に対し事情聴取または資料の提出を求め、もしくはその関係者に対して必要な調査を行うものとする。

3 審査会の委員は7人とし、議長が会議に諮って指名する。ただし、委員は議員以外からも指名することができる。

4 審査会の委員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。また、その職を退いた後も同様とする。

(違反に関する措置)

第4条 議長は、第2条第1項の規定に違反している疑いがある場合または議員から調査請求があった場合は、速やかに審査会に調査を依頼しなければならない。

2 前項の規定により調査した結果、第2条第1項の規定に違反しているとの結果が出た場合は、議長はその旨を全員協議会および議会報で公表するものとする。

(議員の調査請求)

第5条 議員は、この条例に定める政治倫理基準に反する行為をした疑いがあると認めるときは、4人以上の連署をもって議長に調査を請求することができる。

(特例)

第6条 市が発注する工事等のうち、災害時の緊急対応にかかるものについては、この条例を適用しない。ただし、第1条の精神に反するものであってはならない。

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行について必要な事項は、議長が定める。

附 則

この条例は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成15年3月26日条例第18号)

この条例は、公布の日から施行する。

小浜市議会議員政治倫理条例

平成11年3月23日 条例第23号

(平成15年3月26日施行)