○小浜市職員の提案制度に関する規程

昭和35年3月31日

訓令第2号

(目的)

第1条 この規程は、職員の提案制度を設けることにより、行政事務の改善および事務能率の向上に関する職員の建設的意見の提案を奨励して行政運営の改善および向上に資するとともに、あわせて職員の協力意欲の増進を図ることを目的とする。

(提案の範囲)

第2条 職員は次の事項について随時意見を提出することができる。

(1) 事務処理の改善に関すること。

(2) 執務環境の改善に関すること。

(3) 行政効果の向上に関すること。

(4) その他能率の向上に関すること。

(提案の方法)

第3条 職員が前条に掲げる事項について提案するときは、次の事項を記載した提案書を作成し、必要な場合は参考資料を添えて総務部長に提出するものとする。

(1) 提案者の所属および職氏名

(2) 事案の問題点およびその具体的改善方策

(機関の提案)

第4条 前3条の規定は、課(かいその他課に準ずるものを含む。以下「機関」という。)からの提案について準用する。この場合において「職員」とあるのは「機関」と、「提案者の所属および職氏名」とあるのは「提案機関名」と読み替えるものとする。

(提案審査委員会)

第5条 提案事項を審査するため提案審査委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会は、会長および審査委員若干名をもつて組織する。

3 会長は総務部長をもつて充て、審査委員は市職員の中から市長が任命する。

4 委員会の運営等に関し必要な事項は、市長の承認をえて会長が別に定める。

(提案事項の処理)

第6条 提案事項は委員会が審査のうえその適否を決定し、市長に報告するものとする。

2 総務部長は提案事項の採否が決定したときは、すみやかに結果を提案者または提案機関に通知するものとする。

(実施)

第7条 採用の決定された提案事項は、可能なものからすみやかにこれを実施するものとする。

(報奨)

第8条 採用と決定し、かつ実施された提案事項の提案者または提案機関に対しては、報奨を与える。

2 報奨は提案事項の実施によつてもたらす効果の程度等を勘案のうえその都度定める。

附 則

この規程は、昭和35年4月1日から施行する。

附 則(平成5年12月28日訓令第7号)

この規程は、公布の日から施行する。

小浜市職員の提案制度に関する規程

昭和35年3月31日 訓令第2号

(平成5年12月28日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第1節 事務分掌
沿革情報
昭和35年3月31日 訓令第2号
平成5年12月28日 訓令第7号