○庁舎前駐車場管理規則

昭和62年10月16日

規則第14号

(趣旨)

第1条 この規則は、庁舎前駐車場(以下「駐車場」という。)の管理について必要な事項を定めるものとする。

(駐車場の用途)

第2条 駐車場は、次に掲げる用途に供することができる。

(1) 来庁者用駐車場

(2) 公用車用駐車場

(3) 一般供用駐車場

2 来庁者用駐車場は、市役所、小浜市文化会館、小浜市中央公民館または小浜市働く婦人の家(以下「会館等」という。)に用務のため来庁する者(以下「来庁者」という。)のための駐車場をいう。

3 公用車用駐車場は、市の所有(占有を含む。)または使用する自動車(以下「公用車」という。)のための駐車場をいう。

4 一般供用駐車場は、来庁者以外の者のための駐車場(前項に該当する場合を除く。)をいう。

(駐車することのできる自動車)

第3条 駐車場に駐車できる自動車は、道路運送車両法(昭和26年法律第185号)第3条に規定する普通自動車(積載物または取付物を含め、長さ4.9メートル以下、幅1.8メートル以下、高さ2.3メートル以下のものに限る。)、小型自動車および軽自動車とする。ただし、市長が特に必要と認める場合は、この限りでない。

2 前項の規定による自動車を駐車しようとする者について、小浜市の公の施設の使用条例(昭和26年小浜市条例第28号。以下「条例」という。)第3条の規定は適用しない。

(駐車券)

第4条 駐車場の利用者は、入場のとき駐車券(様式第1号)の交付を受けなければならない。

(駐車の拒否)

第5条 市長は、次の各号の一に該当する場合は、駐車を拒否することができる。

(1) 発火性または引火性の物品を積載しているとき。

(2) 駐車場の施設もしくは設備または他の自動車をき損もしくは汚損し、または滅失するおそれがあるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、駐車場の管理に支障があると認めるとき。

(禁止行為)

第6条 駐車場においては、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 区画線に従わないで、自動車を駐車させること。

(2) 他の自動車の駐車を妨げること。

(3) 駐車場の施設もしくは設備または他の自動車をき損もしくは汚損し、または滅失すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、駐車場の管理に支障を及ぼすおそれのある行為をすること。

2 駐車場の使用者が前項各号の一に該当する行為をし、もしくは行為をするおそれがあるときまたは係員の指示に従わないときは、当該使用者の駐車を拒み、または退去を命ずることができる。

(休止等)

第7条 市長は、積雪、工事その他の事由により必要と認めるときは、駐車場の全部もしくは一部の使用を休止し、または駐車中の自動車の移動を命ずることができる。この場合において、駐車場の見やすい箇所にその旨を掲示するものとする。

(事故等の届出および応急措置)

第8条 駐車場の使用者は、次の各号の一に該当するときは、直ちに係員に届け出なければならない。

(1) 駐車場の施設もしくは設備または他の自動車をき損もしくは汚損し、または滅失したとき。

(2) 駐車中の自動車について異状または盗難等を発見したとき。

(3) 駐車場において不審な者を発見したとき。

2 係員は、前項の規定による届出があつたときまたは同項各号に掲げる事故等を発見したときは、速やかに所要の措置を講じるとともに財政課長を経て市長に報告しなければならない。

(賠償責任)

第9条 駐車場において、天災その他の不可抗力により生じた損害および自動車相互の接触、盗難等市長の責によらないで生じた損害については、市長は賠償の責を負わない。

2 駐車場の施設もしくは設備または公用車等をき損もしくは汚損し、または滅失させた者は、その損害を賠償しなければならない。ただし、市長がやむを得ない事由があると認める場合は、賠償額を減免することができる。

(来庁者用および公用車用駐車場)

第10条 市長は、駐車場の全部または一部を、来庁者用および公用車用駐車場として、駐車の用に供することができる。

(使用制限)

第11条 一般供用駐車場を使用する者は、来庁者用および公用車用駐車場を使用する者を妨げてはならない。

(使用料の納付方法)

第12条 来庁者以外の者は、条例第6条第1項の規定による使用料の納付を、駐車場から出場するときに使用料金精算機の使用料投入口に現金を投入して行わなければならない。

2 使用料金精算機等の故障もしくは停電または駐車券を紛失した場合の使用料の納付方法は、別に定める。

(使用料の減免等)

第13条 条例第7条の規定により、次の各号のいずれかに該当する場合は、駐車場の使用料を減免することができる。

(1) 来庁者の駐車(第9条の規定により駐車場の全部または一部を来庁者のための駐車場として供用する場合を含む。)

(2) 公の施設等の利用に係る駐車で、市長が特に認めるもの

(3) その他市が主催し、または直接公益を目的とする行事または事業に係る駐車で市長が特に認めるもの

2 条例第6条第1項の規定にかかわらず、公用車が駐車する場合の使用料は徴収しない。

(用務承認券)

第14条 前条の規定の適用を受ける者は、当該用務または行事もしくは事業を所管する職員もしくは会館等の管理責任者または当直者が交付する用務承認券(様式第2号)を用いて出場するものとする。

(その他)

第15条 この規則に定めるもののほか、駐車場の管理については、小浜市営駐車場設置および管理条例施行規則(昭和56年小浜市規則第21号)に定めるところの例による。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成元年9月28日規則第19号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成元年12月26日規則第33号)

この規則は、平成2年1月7日から施行する。

附 則(平成4年10月1日規則第17号)

この規則は、平成4年11月1日から施行する。

附 則(平成17年5月17日規則第34号)

この規則は、平成17年6月1日から施行する。

附 則(平成22年4月1日規則第14号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

画像

画像

庁舎前駐車場管理規則

昭和62年10月16日 規則第14号

(平成22年4月1日施行)