○文書の左横書きの実施に関する規程

昭和35年1月5日

訓令第1号

(趣旨)

第1条 行政事務改善の一つとして文書の左横書きを実施し、事務能率の向上をはかるものとする。

(実施する文書の範囲)

第2条 本市において使用するすべての文書、帳票類は、左横書きとする。ただし、次に掲げるものは例外的な取扱いとして当分の間縦書きとする。

(1) 法令により様式が縦書きと定められているもの

(2) 他の官公庁で様式が縦書きと定められているもの

(3) 市政広報

(4) 前3号のほか経済的な理由等により特に指定するもの

(実施の時期)  

第3条 文書の左横書きは、昭和35年1月5日から実施する。

(実施の要領)

第4条 文書の左横書きの実施の要領は、別に定める。

(処務細則等の規定の特例)

第5条 現に施行されている小浜市役所およびその他の各かい❜❜の処務細則等で様式等が縦書きに定められているものについては、それらの規定にかかわらず縦書きの様式等に準じて左横書きとする。

附 則

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(昭和47年3月6日訓令第5号)

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(昭和62年10月1日訓令第3号)

この訓令は、公布の日から施行する。

文書の左横書きの実施に関する規程

昭和35年1月5日 訓令第1号

(昭和62年10月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第3節 文書・公印
沿革情報
昭和35年1月5日 訓令第1号
昭和47年3月6日 訓令第5号
昭和62年10月1日 訓令第3号