○小浜市公印規則

昭和36年3月13日

規則第3号

(目的)

第1条 この規則は、小浜市の公印の種類、管守者、使用範囲および制式を定め、その取扱いの適正を期することを目的とする。

(定義)

第2条 この規則において「公印」とは、庁名または職名をもつて発する公文書に用いる印章をいう。

(規格)

第3条 公印の名称、寸法、ひな型、書体、使用範囲、管守者および個数は、別表のとおりとする。

(管守)

第4条 公印の管守は、これを備える課かいの長(以下「公印管守者」という。)が行う。ただし、勤務時間外においては、当直者が管守の責を負う。

2 公印管守者は、公印を慎重に取扱い、盗難、紛失ならびに不正使用等のないように管守を厳重にしなければならない。

3 公印管守者は、公印を使用する場所に公印使用簿(様式第1号)を備え、公印の使用状況を常に把握しなければならない。

4 公印の盗難、紛失および不正使用等の事故があつたときは、公印管守者はすみやかにその顛末を顛末書(様式第2号)により市長に報告しなければならない。

(台帳)

第5条 公印を登録し、整理するため総務部総務課に公印台帳(様式第3号)を備える。

(調製および廃棄)

第6条 公印を調製し、改刻し、または廃棄しようとするときは、市長の決裁を受けなければならない。

2 前項により公印を調製し、または改刻したときは、公印管守者は必要な事項を台帳に登録しなければならない。

3 第1項により公印を改刻し、または廃棄したときは、公印管守者は不要となつた公印を総務課長に引き継がなければならない。

(旧公印の保存および廃棄)

第7条 総務課長は、改刻し、または廃棄したため不要となつた公印を次の区分により保存し、保存期間を経過したものは裁断、焼却等の方法により処分するものとする。

(1) 福井県小浜市役所印 福井県小浜市長印

改刻または廃棄の日から10年

(2) 前号以外の公印

〃          5年

(使用)

第8条 公印は、公文書以外に使用してはならない。

2 公印を使用するときは、押印を要する文書に原議書を添えて、公印管守者に申し出て、その承認を受けるとともに、公印使用簿に必要な事項を記入しなければならない。

3 地方自治法(昭和22年法律第67号)第152条の規定により副市長または市長の補助機関である職員が市長の職務を代理する場合を除き、職員に事故があったことまたは職員が欠けたことにより、他の職員が事務取扱、事務代理等を命ぜられ、その職務を代行する場合においては、その職務を代行させる職の公印を使用するものとする。

4 許可書、証明書、賞状等の文書であって当該文書の交付を受けるべき者が確定できないものその他執務の必要上公印を事前に押印する必要があると認められる文書については、公印管守者の承認を受けて事前に公印を押印することができる。

5 前項の規定により公印の事前押印を行った文書については、不正の目的に使用されないよう厳重に保管するとともに、不要となった場合には焼却、溶解、裁断その他確実に廃棄することができると認められる方法により廃棄しなければならない。

6 公印は、正規の勤務時間内において使用しなければならない。正規の勤務時間外に使用することについて、公印管守者が特にやむを得ないと認め、あらかじめ承認を与えた場合はこの限りでない。

7 公印は、公印管守者の承認を受けた場合のほか、管守者が定めた場所以外に持ち出してはならない。

(公印の印影の刷込み)

第9条 公印は、必要があると認めるときは、公印を押印すべき文書に公印の印影を刷り込むことにより公印の押印に代えることができる。

2 公印の印影の刷り込みに当たっては、公印を使用する文書の規格により別表に規定する寸法により難いときは、当該印影を拡大し、または縮小して使用することができる。

3 第1項の規定により公印の印影を刷り込もうとするときは、公印印影使用申請書(様式第4号)により総務課長の承認を受けなければならない。

4 公印の印影を刷り込んだ文書は、その授受を明らかにしなければならない。

5 前条第5項の規定は、第1項の規定により公印の印影を刷り込んだ文書について準用する。この場合において、同条第5項中「前項」とあるのは「第1項」と、「公印の事前押印を行った」とあるのは「公印の印影を刷り込んだ」と読み替えるものとする。

(電子計算組織による公印の印影の打出し)

第10条 電子計算組織を利用して証明または通知を行うときは、当該電子計算組織に記録した公印の印影またはこれを拡大し、もしくは縮小した印影(以下「電子公印」という。)を文書に打ち出すことにより公印の押印に代えることができる。

2 電子公印を使用しようとするときは、電子公印使用申請書(様式第5号)により総務課長の承認を受けなければならない。

3 第9条第4項の規定は、第1項の場合について準用する。この場合において、同項中「刷り込んだ」とあるのは「打ち出した」と読み替えるものとする。

4 公印管守者は、第1項の規定により公印の印影を電子計算組織に記録した場合は、印影の改ざんその他不正な使用を防止するため、電子公印の管理等について必要な措置を講じなければならない。

5 公印管守者は、電子公印を使用しなくなったときは、速やかに電子計算組織に記録された公印の印影を消去し、総務課長に報告しなければならない。

(受払状況の確認)

第11条 第8条第4項第9条第3項および前条第2項の規定により承認を受けた者は、毎年4月10日までに受払簿および公印を押印し、または公印の印影を刷り込み、もしくは打ち出した用紙等を公印管守者に提示し、前年度の受払状況について確認を受けなければならない。

(持出)

第12条 出張等により、公印を携行する必要がある場合は、当該公印の管守者の承認を得て、公印持出簿(様式第6号)に所要事項を記載したのち持ち出ししなければならない。

(その他)

第13条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、公印管守者が別に定める。

附 則

この規則は、昭和36年4月1日から施行する。

附 則(昭和40年5月25日規則第4号)

この規則は、昭和40年6月1日から施行する。

附 則(昭和43年8月20日規則第9号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和44年3月1日規則第4号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和45年12月26日規則第14号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和46年12月1日規則第18号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和49年4月1日規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和57年4月1日規則第8号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和59年3月31日規則第7号)

この規則は、昭和59年4月1日から施行する。

附 則(昭和59年9月1日規則第18号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和59年8月5日から適用する。

附 則(昭和59年12月24日規則第23号)

この規則は、昭和59年12月25日から施行する。

附 則(昭和60年10月1日規則第29号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和63年8月30日規則第21号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和63年8月5日から適用する。

附 則(平成元年5月10日規則第13号)

この規則は、平成元年6月1日から施行する。

附 則(平成元年9月8日規則第18号)

この規則は、平成元年10月1日から施行する。

附 則(平成3年3月15日規則第10号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成3年8月6日規則第23号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成5年3月26日規則第2号)

この規則は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成11年4月1日規則第17号)

この規則は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成11年4月21日規則第29号)

この規則は、平成11年5月1日から施行する。

附 則(平成11年9月22日規則第35号)

この規則は、平成11年10月1日から施行する。

附 則(平成13年1月12日規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年3月25日規則第4号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成14年3月29日規則第12号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成15年3月26日規則第10号)

この規則は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日規則第12号)

(施行期日)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 地方自治法の一部を改正する法律(平成18年法律第53号)附則第3条第1項の規定により小浜市収入役が在職する場合においては、第1条の規定による改正後の小浜市長の職務代理者に関する規則第1条および第2条、第3条の規定による改正後の小浜市公印規則別表、第5条の規定による改正後の小浜市一般職の職員等の旅費に関する条例施行規則様式第1号から様式第4号まで、第10条の規定による改正後の小浜市文化財保護基金条例に基づく寄附金に関する様式を定める規則別記様式、第12条の規定による改正後の小浜市公舎管理規則第2条および第5条、第13条の規定による改正後の市長の権限に属する事務の一部を議会事務局長および委員会または委員の事務を補助する職員に補助執行させる規則第7条、第14条の規定による改正後の小浜市奨学資金貸付基金条例施行規則様式第5号、第15条の規定による改正後の小浜市農業集落排水処理施設の設置および管理に関する条例施行規則様式第14号、第16条の規定による改正後の小浜市下水道条例施行規則様式第18号の5、第17条の規定による改正後の小浜市漁業集落排水処理施設の設置および管理に関する条例施行規則様式第14号、第18条の規定による改正後の小浜市下水道事業受益者負担金および分担金に関する条例施行規則様式第4号および様式第11号ならびに第19条の規定による改正後の小浜市財務規則本則(第2条第5号、第48条第2項および第216条を除く。)、別表第1、別表第2、様式第12号から様式第14号まで、様式第16号、様式第18号、様式第21号から様式第25号まで、様式第29号、様式第30号、様式第35号から様式第37号まで、様式第39号、様式第40号、様式第42号から様式第45号まで、様式第47号から様式第51号まで、様式第53号、様式第54号、様式第68号から様式第70号まで、様式第82号、様式第83号、様式第89号および様式第91号の2の規定は適用せず、第1条の規定による改正前の小浜市長および小浜市収入役の職務代理者に関する規則第1条および第2条、第3条の規定による改正前の小浜市公印規則別表、第5条の規定による改正前の小浜市一般職の職員等の旅費に関する条例施行規則様式第1号から様式第4号まで、第10条の規定による改正前の小浜市文化財保護基金条例に基づく寄附金に関する様式を定める規則別記様式、第12条の規定による改正前の小浜市公舎管理規則第2条および第5条、第13条の規定による改正前の市長の権限に属する事務の一部を議会事務局長および委員会または委員の事務を補助する職員に補助執行させる規則第7条、第14条の規定による改正前の小浜市奨学資金貸付基金条例施行規則様式第5号、第15条の規定による改正前の小浜市農業集落排水処理施設の設置および管理に関する条例施行規則様式第14号、第16条の規定による改正前の小浜市下水道条例施行規則様式第18号の5、第17条の規定による改正前の小浜市漁業集落排水処理施設の設置および管理に関する条例施行規則様式第14号、第18条の規定による改正前の小浜市下水道事業受益者負担金および分担金に関する条例施行規則様式第4号および様式第11号ならびに第19条の規定による改正前の小浜市財務規則本則(第2条第5号、第48条第2項および第216条を除く。)、別表第1、別表第2、様式第12号から様式第14号まで、様式第16号、様式第18号、様式第21号から様式第25号まで、様式第29号、様式第30号、様式第35号から様式第37号まで、様式第39号、様式第40号、様式第42号から様式第45号まで、様式第47号から様式第51号まで、様式第53号、様式第54号、様式第68号から様式第70号まで、様式第82号、様式第83号、様式第89号および様式第91号の2の規定は、なおその効力を有する。この場合において、第1条の規定による改正前の小浜市長および小浜市収入役の職務代理者に関する規則第3条中「事務吏員」とあるのは「職員」と、第3条の規定による改正前の小浜市公印規則別表、第5条の規定による改正前の小浜市一般職の職員等の旅費に関する条例施行規則様式第1号、第12条の規定による改正前の小浜市公舎管理規則第2条および第5条ならびに第19条の規定による改正前の小浜市財務規則様式第13号、様式第14号、様式第16号、様式第18号、様式第21号、様式第29号、様式第30号、様式第35号から様式第37号まで、様式第39号、様式第40号、様式第42号、様式第45号、様式第50号、様式第51号、様式第70号および様式第89号中「助役」とあるのは「副市長」と、第19条の規定による改正前の小浜市財務規則第144条中「法第170条第6項」とあるのは「地方自治法の一部を改正する法律(平成18年法律第53号)附則第3条第2項の規定によりなおその効力を有するとされる同法による改正前の地方自治法第170条第6項」と、「吏員」とあるのは「市長の補助機関である職員」とする。

附 則(平成19年9月28日規則第26号)

この規則は、平成19年10月1日から施行する。

附 則(平成21年3月30日規則第10号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成23年2月18日規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年4月1日規則第18号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年9月21日規則第28号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第3条関係)

公印名

型式寸法

(単位センチメートル)

ひな型

書体

使用範囲

管守者

個数

市印

方 1.8

画像

てん書

市名をもつてする文書

国民健康保険

被保険者証

介護保険

被保険者証

介護保険

資格者証

総務課長

1

市役所印

方 3.0

画像

てん書

市役所名をもってする一般文書

総務課長

1

方 2.4

画像

てん書

市役所名をもってする一般文書

総務課長

1

市長印

方 3.6

画像

てん書

市長名をもつてする表彰状

総務課長

1

方 2.4

画像

てん書

市長名をもってする一般文書

総務課長

4

方 2.4

画像

てん書

市長名をもってする文書

戸籍事務

外国人登録事務

市民福祉課長

1

方 2.4

画像

てん書

市長名をもつてする市民サービスコーナーでの諸証明書

市民福祉課長

1

方 2.4

画像

てん書

市長名をもつてする税務課関係の諸証明書

税務課長

1

方 2.4

画像

てん書

市長名をもつてする市民福祉課関係の諸証明書

市民福祉課長

3

市長職務代理者印

方 2.4

画像

てん書

市長職務代理者名をもつてする一般文書

総務課長

3

副市長印

方 1.8

画像

てん書

副市長名をもつてする文書

総務課長

1

会計管理者印

方 1.8

画像

古印書

会計管理者名をもつてする文書

会計管理者

1

会計管理者事務代理者印

方 1.8

画像

れい書

会計管理者事務代理者名をもつてする文書

会計管理者

1

部長印

方 1.8

画像

てん書

部長名をもつてする文書

総務課長

1

課長印

方 1.8

画像

れい書

課長名をもつてする文書

総務課長

1

室長印

方 1.8

画像

てん書

室長名をもつてする文書

総務課長

1

福祉事務所長印

方 1.8

画像

てん書

福祉事務所長名をもつてする文書

福祉事務所長

1

市長印

方 0.9

画像

れい書

国民健康保険証健康保険確認印

市民福祉課長

10

市長印

方 0.9

画像

れい書

支援費受給者証確認訂正印

福祉医療費受給者証訂正印

身体障害者手帳訂正印

療育手帳訂正印

高齢・障がい者元気支援課長

2

市長印

円型

径 0.75

画像

れい書

外国人登録証明書

市民福祉課長

1

市長印

だ円型

縦 0.9

横 0.7

画像

古印書

戸籍原本

市民福祉課長

1

現金取扱員印

円型

径 1.8

画像

かい書

現金取扱員領収用

現金取扱員

45

市長印(印刷用)

方 1.5

画像

てん書

市長名をもつてする納入通知書兼領収書用

会計課長

7

市長職務代理者印(印刷用)

方 1.5

画像

てん書

市長職務代理者名をもつてする納入通知書兼領収書用

会計課長

1

画像

画像

画像

画像

画像

画像

小浜市公印規則

昭和36年3月13日 規則第3号

(平成29年9月21日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第3節 文書・公印
沿革情報
昭和36年3月13日 規則第3号
昭和40年5月25日 規則第4号
昭和43年8月20日 規則第9号
昭和44年3月1日 規則第4号
昭和45年12月26日 規則第14号
昭和46年12月1日 規則第18号
昭和49年4月1日 規則第1号
昭和57年4月1日 規則第8号
昭和59年3月31日 規則第7号
昭和59年9月1日 規則第18号
昭和59年12月24日 規則第23号
昭和60年10月1日 規則第29号
昭和63年8月30日 規則第21号
平成元年5月10日 規則第13号
平成元年9月8日 規則第18号
平成3年3月15日 規則第10号
平成3年8月6日 規則第23号
平成5年3月26日 規則第2号
平成11年4月1日 規則第17号
平成11年4月21日 規則第29号
平成11年9月22日 規則第35号
平成13年1月12日 規則第1号
平成14年3月25日 規則第4号
平成14年3月29日 規則第12号
平成15年3月26日 規則第10号
平成19年3月30日 規則第12号
平成19年9月28日 規則第26号
平成21年3月30日 規則第10号
平成23年2月18日 規則第2号
平成28年4月1日 規則第18号
平成29年9月21日 規則第28号