○小浜市印鑑条例施行規則

昭和46年6月1日

規則第12号

(趣旨)

第1条 この規則は、小浜市印鑑条例(昭和46年小浜市条例第5号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定める。

(登録および確認)

第2条 条例第3条の規定により印鑑登録の申請があつたときは、申請人の住所、氏名および生年月日を住民票または外国人登録原票と照合し、保証人の印鑑登録の有無およびその同一性を調査するとともに、本人の申請によるときは、出頭者が本人に相違ないこと、代理人の申請によるときは、授権の適否を確認してこれを受理する。

第3条 申請書を受理したときは、印鑑登録票および印鑑登録証に登録番号その他必要事項を記載するとともに、印鑑登録票に登録する印章を押印し、印章はただちに申請人に返還する。登録番号は、6桁の一連番号とする。

第4条 印鑑登録申請と同時に、印鑑登録証明書の交付を申請するもののうち、条例第4条第2項の規定による措置を必要とする者については、申請の日から確認が得られる日までは交付しない。

第5条 印鑑登録票は、保管庫に保管する。

(印鑑登録証の再交付)

第6条 印鑑登録証を破損、汚損した場合の再交付は引替手続を行い番号を更新して交付する。

2 印鑑登録証を亡失、滅失、紛失した場合の再交付については、印鑑登録廃止および印鑑登録の手続きを行い、印鑑登録証を交付する。

3 本条の印鑑登録証の再交付には小浜市手数料徴収条例(昭和48年小浜市条例第40号)の規定による印鑑登録証交付手数料を納めなければならない。

(除表の整理)

第7条 条例第9条により、消除した印鑑登録票は、消除理由の生じた日の属する年毎に綴り除票として保管する。

(文書の保存期間)

第8条 印鑑に関する文書の保存期限は、次のとおりとする。

(1) 印鑑登録申請書および届書

申請または届出の日の属する年の翌年から5年

(2) 消除した印鑑登録票

消除した日の属する年の翌年から5年

(3) その他印鑑に関する文書

申請または届出の日の属する年の翌年から3年

(印鑑に関する文書の様式)

第9条 印鑑に関する文書の様式は、次のとおりとする。

(1) 印鑑登録、廃止、登録証再交付申請(届)書 様式第1号

(2) 印鑑登録票 様式第2号

(3) 印鑑登録証明書 様式第3号

(4) 印鑑登録等申請に関する照会書、回答書 様式第4号

(5) 印鑑登録証 様式第5号

(6) 印鑑登録証明書交付申請(請求)書 様式第6号

(7) 代理人選任届 様式第7号

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 小浜市印鑑条例規則(昭和26年小浜市規則第9号)は、廃止する。

附 則(昭和48年12月25日規則第20号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成2年9月28日規則第20号)

この規則は、平成2年10月1日から施行する。

附 則(平成11年3月23日規則第4号)

この規則は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成12年3月27日規則第13号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

小浜市印鑑条例施行規則

昭和46年6月1日 規則第12号

(平成12年3月27日施行)