○小浜市選挙公報の発行に関する規程

昭和57年9月3日

浜選管告示第15号

(目的)

第1条 この規程は、小浜市選挙公報の発行に関する条例(昭和57年小浜市条例第9号。以下「条例」という。)第7条の規定に基づき、条例の施行に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(掲載文の申請)

第2条 条例第3条第1項の規定による選挙公報掲載の申請は、掲載文1通および写真1葉を、選挙公報掲載申請書(様式第1号)に添えて、郵便等によることなく直接小浜市選挙管理委員会(以下「委員会」という。)に提出しなければならない。

2 前項の写真は、当該選挙期日前6ケ月以内に撮影した候補者自身の無帽、正面向き上半身の手札型大(おおむね縦10センチメートル、横7センチメートル)のものとし、裏面に候補者の氏名および撮影年月日を記載しなければならない。

(掲載文の作成)

第3条 掲載文は、委員会が交付する選挙公報掲載文原稿用紙(様式第2号)に、活字、ペンまたは毛筆を用いて黒色の色素により、明瞭に記載しなければならない。

2 原稿用紙の氏名等の欄には、立候補の届出書(推せん届出書を含む。)に記載された当該候補者氏名(通称使用について公職選挙法施行令(昭和25年政令第89号)第89条第5項の規定による認定を受けた場合においては、その通称)を記載しなければならない。この場合においては、党派および年齢等についても記載することができる。

3 掲載文は、通常使用する漢字、かたかな、ひらがな、数字、句点、読点、かぎ、かっこ、外国文字その他の文字ならびに記号、符号、線、圏点等もしくは図面、図表、イラストレーションおよびこれらの類をもってこれを記載するものとする。

4 掲載文に図面、イラストレーションおよびこれらの類を記載しようとする場合においては、それらの部分に係る面積の合計面積は、当該候補者が記載文を掲載することのできる面積のおおむね2分の1を超えてはならない。

5 候補者は、選挙公報に用いる活字の種類その他印刷の体裁について指定することができない。

(掲載文の撤回および修正)

第4条 候補者がすでに提出した掲載文を撤回しようとするときは、選挙公報掲載文撤回申請書(様式第3号)を、これを修正しようとするときは、修正した掲載文1通を添えて選挙公報掲載文修正申請書(様式第4号)を委員会に提出しなければならない。

2 前項の規定による撤回または修正の申請は、条例第3条第1項の規定による申請期間内でなければ、これをすることができない。

(掲載文の訂正)

第5条 委員会は、第3条の規定に違反して記載した掲載文の申請があつたとき、または文字等が著しく小さいとき、その他印刷が著しく不鮮明になるおそれがあると認めるときは、候補者に対し、当該文字等の記載の訂正を求めることができる。

2 委員会は、候補者が前項の規定による求めに応じない場合は、必要な訂正を行うことができる。

(掲載順序のくじ)

第6条 条例第4条第2項の規定による掲載の順序を定めるくじは、委員会があらかじめ告示して定める日時および場所において行う。

(選挙公報の様式および印刷方法)

第7条 選挙公報は、掲載文を写真製版により黒色で印刷するものとし、その様式は、選挙のつど委員会が定める。

2 選挙公報に余白が生じたときは、選挙に関する周知その他委員会が必要と認める事項を掲載することができる。

(掲載の中止)

第8条 候補者が死亡し、候補者たることを辞退し、もしくは立候補の届出を却下された場合においては、当該候補者の申請に係る掲載文の掲載は中止する。ただし、すでに印刷に着手した後であるときは、この限りでない。

2 前項の規定により、掲載を中止したときは、第6条のくじにより定まつた掲載順序を順次繰り上げて掲載する。

3 選挙公報発行前に第1項に掲げる事由が候補者の全員について生じたときは、その発行手続きを中止する。

(選挙公報の訂正)

第9条 委員会は、選挙公報の印刷に誤りがあつたときは、直ちにその訂正の告示をするものとする。

(掲載文の不返還)

第10条 委員会に提出された掲載文および写真は、返還しない。

(その他)

第11条 この規程に定めるもののほか、選挙公報の発行に関して必要な事項は、そのつど委員会が定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成8年3月28日浜選管告示第9号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成10年6月3日浜選管告示第8号)

この規程は、平成10年7月1日から施行する。

附 則(平成20年3月3日浜選管告示第9号)

この規程は、告示の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

小浜市選挙公報の発行に関する規程

昭和57年9月3日 選挙管理委員会告示第15号

(平成20年3月3日施行)