○小浜市日額旅費支給規則

昭和61年4月1日

規則第10号

(趣旨)

第1条 この規則は、小浜市一般職の職員等の旅費に関する条例(昭和35年小浜市条例第6号。以下「条例」という。)第18条第2項の規定に基づき日額旅費の支給について、必要な事項を定めるものとする。

(用語の定義)

第2条 この規則で次の名号に掲げる用語の定義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 市内等出張 小浜市、おおい町または若狭町の区域内への出張をいう。

(2) 長期研修等出張 小浜市職員研修規程(昭和52年小浜市訓令第2号)に基づく委託研修および派遣研修のうち期間3日以上の出張をいう。

(日額旅費の支給対象)

第3条 日額旅費を支給する出張は、次のとおりとする。

(1) 市内等出張

 災害および大規模な事故、事件等に関する市内等出張(当該出張をした職員の在勤庁に対する出張地からの連絡、報告を目的の一部または全部とするものに限る。)で、当該職員の同意を得てその所有する携帯電話等を公務上の通信用機器として使用することとされたもの

 その他の市内等出張

(2) 長期研修等出張

(支給職員の範囲)

第4条 日額旅費の支給職員の範囲は、前条に基づく出張をした職員とする。

(日額旅費の額)

第5条 日額旅費の額は、次の区分に従い支給するものとする。

区分

交通費

日当

宿泊料

鉄道賃

船賃

車賃

市内等出張

第3条第1号ア該当

実費

実費

実費

条例規定の1/2

実費

第3条第1号イ該当

実費

実費

実費

実費

長期研修等出張

実費

実費

実費

条例規定の1/2

実費

(旅費の調整)

第6条 前条の規定にかかわらず次の各号の一に該当するときは、普通旅費を支給する。

(1) 研修機関等に入所のため勤務地を出発し、当該研修機関等に到着するまでの旅行

(2) 研修機関等を退所し、勤務地に帰任するまでの旅行

(3) 研修機関等に入所中の研修以外の任務を帯びた旅行

(出張伺)

第7条 日額旅費をうけて市内等出張をしようとする職員は、市内等出張伺簿(様式第1号)に必要な事項を記載して、主管課長の承認を得なければならない。

2 日額旅費の支給の対象とならない市内等出張をしようとする職員は、出張の目的等を申し出て、主管課長の承認を得なければならない。

3 長期研修等出張をしようとする職員は、長期研修等出張承認申請書(様式第2号)に必要な事項を記載して、市長の承認を得なければならない。この場合において主管課長は、事前に総務課長および財政課長に合議するものとする。

(日額旅費の支給等)

第8条 日額旅費の支給および手続きについては、条例および小浜市一般職の職員等の旅費に関する条例施行規則(昭和45年小浜市規則第6号)の規定によるものとする。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 小浜市職員の市内出張旅費の支給に関する規則(昭和44年小浜市規則第1号)および市長の事務部局の職員の旅費取扱規程(昭和45年小浜市訓令第1号)は、廃止する。

附 則(平成4年6月1日規則第9号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年10月17日規則第46号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年3月30日規則第3号)

この規則は、平成17年3月31日から施行する。

附 則(平成26年8月22日規則第16号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成30年12月14日規則第30号)

この規則は、平成31年1月1日から施行する。

画像

画像

小浜市日額旅費支給規則

昭和61年4月1日 規則第10号

(平成31年1月1日施行)

体系情報
第5編 与/第4章
沿革情報
昭和61年4月1日 規則第10号
平成4年6月1日 規則第9号
平成14年10月17日 規則第46号
平成17年3月30日 規則第3号
平成26年8月22日 規則第16号
平成30年12月14日 規則第30号