○小浜市文化財保護基金運用事業実施要綱

平成元年10月11日

訓令第12号

(趣旨)

第1条 この要綱は、小浜市文化財保護基金条例(昭和58年小浜市条例第5号。以下「条例」という。)第7条の規定に基づき、小浜市文化財保護基金(以下「基金」という。)の管理および運用に関し必要な事項を定めるものとする。

(目的)

第2条 基金および基金から生ずる収益金をもつて、小浜市指定文化財(以下「市指定文化財」という。)、国指定文化財および福井県指定文化財(以下「県指定文化財」という。)の恒久的保存ならびに保存管理および啓蒙に万全をきするとともに、小浜城復元等歴史的文化遺産の整備を図るため、小浜市が小浜市文化財保護審議会(以下「審議会」という。)と相互連携し総合的な保存および啓蒙策を樹立し推進することを目的とする。

(事業の実施主体)

第3条 事業の実施主体は小浜市とし、これに関する庶務は小浜市教育委員会文化課において処理する。

(事業費)

第4条 基金および基金から生ずる収益金をもつて当該年度の事業の財源とする。

(基金および基金から生ずる収益金を支出することができる事業)

第5条 基金および基金から生ずる収益金は、次の各号に掲げる事業に支出することができる。

(2) 前号に掲げるもののほか、市指定文化財の修理、保存、管理および啓蒙に関する補助事業

(3) 小浜市内に所在する国指定文化財および県指定文化財の修理、保存、管理および啓蒙に関する補助事業

(4) 小浜城復元等歴史的文化遺産の整備に関する事業

(補助対象事業者)

第6条 補助対象事業者は、市指定文化財、国指定文化財または県指定文化財を所有する個人および団体とする。

(管理または修理の補助)

第7条 第5条各号の規定にかかる補助金の交付は、総事業費の4分の3以内とし、予算に定める額とする。ただし、当該事業に国または県の補助を受けている場合は、補助対象経費から国または県の補助額を減じた額の2分の1以内とし、予算に定める額とする。

2 前項の補助金を交付する場合には、教育委員会は、その補助の条件として管理または修理に関し必要な事項を指示することができる。

3 教育委員会は、必要があると認めるときは、第1項の補助金を交付する市指定文化財の管理または修理について指揮監督することができる。

(事業年度)

第8条 毎年4月1日に始まり、翌年3月31日までとする。

(補助金の交付申請)

第9条 第5条各号の規定に基づく経費の補助を受けようとするものは、小浜市補助金等交付規則(昭和56年小浜市規則第22号。以下「規則」という。)の定めるところにより補助金交付申請書を市長に提出しなければならない。

(補助金の決定等)

第10条 前条の規定による申請があつたときは、市長は事業内容および補助金の額を審査決定し、補助金を交付すべきものと認めたときは、交付決定通知書により申請者に通知するものとする。なお、交付決定通知後において交付申請内容に変更が生じたときは、理由を付して速やかにその旨を市長に報告し、その指示を受けなければならない。

(実績報告)

第11条 補助金の交付を受けたものは、当該事業を完了したときは、規則の定めるところにより速やかに実績報告書および収支決算書を市長に提出しなければならない。

(補助金の交付)

第12条 補助金は補助対象事業者が当該補助事業を完了した後において交付する。ただし、市長が特に必要と認めるときは補助金を概算払または前金払により交付することができる。

(補助金の返還)

第13条 市長は、補助金の交付を受けたものが次の各号の一に該当するときは、補助金の全部または一部の返還を命ずることができる。

(1) 管理または修理に関し、小浜市文化財保護条例、教育委員会規則および文化課所管補助金交付要綱に違反したとき。

(2) 補助金交付を受けた目的以外に使用したとき。

(3) 当該指定文化財を他に譲り渡したとき。

(4) 前3号のほか不正の事実があると市長が認めるとき。

(審議機関)

第14条 審議会は、教育委員会の諮問に応じて次の各号に掲げる事項について審議を行う。

(1) 基金の管理および運用に関する事項

(2) 第5条に掲げる事業の実施に関する事項

(雑則)

第15条 この要綱の施行に関し必要な事項は別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成11年4月1日訓令第13号)

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年5月24日教委訓令第4号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成14年4月1日から適用する。

附 則(平成14年12月11日訓令第38号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成14年4月1日より適用する。

附 則(平成18年3月22日訓令第2号)

(施行期日)

1 この要綱は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱の施行前に、この要綱による改正前の小浜市文化財保護基金運用事業実施要綱の規定によりなされた処分、手続その他の行為については、なお従前の例による。

附 則(平成21年3月30日訓令第8号)

この訓令は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成23年4月1日訓令第7号)

この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

小浜市文化財保護基金運用事業実施要綱

平成元年10月11日 訓令第12号

(平成23年4月1日施行)