○小浜市工事検査規程

平成9年4月1日

訓令第11号

(目的)

第1条 この規程は、小浜市財務規則(平成3年小浜市規則第15号。以下「規則」という。)第134条から第136条の規定に基づいて行う工事、製造その他の請負契約(以下「工事」という。)の検査に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(工事検査職員)

第2条 工事の検査を厳正かつ適正に行うため、工事検査職員を置く。

2 工事検査職員は、別表のとおりとする。ただし、これ以外に必要が生じた場合は、別に市長が命ずる。

(委託検査等)

第3条 契約権者が、当該契約に係る工事の検査を自ら行う場合または小浜市の職員以外の者に委託して工事の検査を行わせる場合は、この規程の定めるところによらなければならない。

(検査の内容)

第4条 工事の検査は、工事の出来高を対象とし、当該出来高を工事請負契約書、図面、仕様書その他の関係書類と対比してその適否を判定するとともに、これに関連して当該工事費の経理および当該契約の履行が妥当であるか否かを調査して行うものとする。

(検査の種類)

第5条 工事の検査の種類は次のとおりとする。

(1) 完成検査

(2) 一部完成検査

(3) 既済部分検査

(4) 中間検査

2 完成検査は、完成した工事について行う。

3 一部完成検査は、請負工事が一部完成し、かつ、当該完成部分が可分である場合において、当該部分についてその引き渡しがなされるときに行う。

4 既済部分検査は、請負工事の完成前に当該工事の既済部分に対し代価の一部を支払う場合に行う。

5 中間検査は、工事施行の中途において契約権者が必要と認めた場合に、契約権者が指定する部分の出来高に対して行う。

6 前4項の検査に関連して必要に応じ、当該請負人の経理および請負契約事項全般の履行状況について調査を行う。

(検査の実施)

第6条 検査はすべて実地に行うものとする。

2 前項の場合、必要に応じ、次の各号により検査を行い工事の出来高の適否を判定しなければならない。

(1) 工事施行の記録、写真およびその他の資料の調査

(2) 工事出来高の測量

(3) 工事出来高に係る工事材料の規格、品質、強度および性能等の試験ならびに数量の調査

(4) 工事出来高の強度、耐圧、地耐力または漏水等の試験

(5) 工事出来高の一部破損(掘削および工事材料の抜取りを含む。)

3 前項第3号および第4号の検査については、やむを得ない場合には、工事材料の製造者または適当な試験機関の試験(検定を含む。)もしくは検査またはこれらの記録をもってこれに代えることができる。

(関係職員の説明等)

第7条 工事検査職員は、工事の検査上必要があると認めるときは、当該工事の関係職員に対して、書類および物件の提示もしくは提出または事実の説明を求めることができる。

(必要な報告)

第8条 工事検査職員は、当該検査の工事を通じて、工事の施工技術および施工管理の向上を図るため、工事関係者に対し適当な指導が必要であると認めたときは、契約権者にその旨報告をしなければならない。

2 工事検査職員は、工事の検査を通じて認知した設計上の重要な問題点および請負人の常態に関し、特に必要と認められる事項に関しては、上司にその旨報告をしなければならない。

3 工事検査職員は、工事の検査結果について関係者以外にこれを漏らしてはならない。

(立会い)

第9条 工事検査職員は、工事の検査の実施に当たっては、次に掲げるものの立会いを求めなければならない。

(1) 工事監督職員

(2) 請負人

(3) 現場代理人または主任技術者

2 工事検査職員は、工事の検査上必要があると認められるときは、当該工事の関係職員の立会いを求めなければならない。

(重要事項の処理)

第10条 工事検査職員は、工事の検査に当たって、事態が重大であり、かつ、その処理に急を要すると認められる事項があるときは、直ちに契約権者に報告しなければならない。

2 前項の報告を受けた契約権者は、直ちに必要な措置を講じなければならない。

(検査調書)

第11条 工事検査職員は、請負工事について完成検査、一部完成検査または既済部分検査を終了し、当該契約事項の履行を確認したときは、検査調書(規則第134条第5項の規定による検査調書をいう。)を作成し、当該工事の契約権者に提出しなければならない。

(工事の手直し命令等)

第12条 工事検査職員は、工事の検査結果、その出来高が、契約書、設計書、仕様書および図面等と相違し、または不完全と認められるときは、契約権者に工事の手直しの必要を報告しなければならない。

2 前項の規定により報告のあったときは、契約担当者は請負人に手直しを命じなければならない。

3 請負人から手直し完了の届出があったときは、改めて手直し完成検査を第3条から第9条の規定に準じて行い、前条の手続きをしなければならない。

(その他)

第13条 この規程の施行について必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成11年4月1日訓令第15号)

この規程は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成11年7月21日訓令第19号)

この規程は、平成11年8月1日から施行する。

附 則(平成13年3月27日訓令第12号)

この規程は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成14年4月1日訓令第17号)

この規程は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月30日訓令第7号)

この訓令は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年4月1日訓令第13号)

この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

部課

総務部 総務課契約検査グループ

課長級、主幹級、課長補佐級、主査級

産業部 各課

課長級、主幹級、課長補佐級

教育委員会 教育総務課

課長級、主幹級、課長補佐級

上記以外の部課

課長級、主幹級

小浜市工事検査規程

平成9年4月1日 訓令第11号

(平成22年4月1日施行)