○小浜市加斗財産区管理会会長印取扱規則

昭和51年3月4日

規則第7号

(目的)

第1条 この規則は、小浜市加斗財産区管理会会長印(以下「管理会会長印」という。)の管守者、使用範囲およびその取扱いの適正を期することを目的とする。

(寸法、ひな型)

第2条 管理会会長印の寸法、ひな型は、別表のとおりとする。

(使用範囲)

第3条 管理会会長印の使用範囲は、小浜市加斗財産区管理会会長名をもつてする一般文書とする。

(管守)

第4条 管理会会長印の管守は、小浜市役所内の小浜市加斗財産区管理会の事務を行う課かいの長(以下「管理会会長印管守者」という。)が行う。

2 管理会会長印管守者は、管理会会長印を慎重に取扱い、盗難、紛失ならびに不正使用等のないよう管守を厳重にしなければならない。

3 管理会会長印が盗難、紛失ならびに不正使用等の事故があつたときは、管理会会長印管守者は、すみやかにその顛末を小浜市加斗財産区管理会会長ならびに小浜市長に報告しなければならない。

(調整および廃棄)

第5条 管理会会長印を調製し、改刻し、または廃棄しようとするときならびに改刻廃棄により不要となつた管理会会長印の処理については、小浜市長の決裁および小浜市加斗財産区管理会の同意を受けなければならない。

(使用)

第6条 管理会会長印は、公文書以外には使用してはならない。

2 出張等により管理会会長印を携行する必要がある場合は、管理会会長印管守者の承認を得て、管理会会長印持出簿に所要事項を記載したのち持ち出ししなければならない。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第2条関係)

2.0cm正

画像

書体かい書

小浜市加斗財産区管理会会長印取扱規則

昭和51年3月4日 規則第7号

(昭和51年3月4日施行)

体系情報
第6編 務/第4章 財産区
沿革情報
昭和51年3月4日 規則第7号