○小浜市教育委員会会議規則

昭和27年11月2日

教育委員会規則第2号

第1章 総則

(委員の参会)

第1条 委員は、会議時刻前会議場に参集し、備え付けてある出席簿に捺印しなければならない。

第2条 委員は、病気その他の事由によつて参会できない場合は、会議時刻前にその事由を具して教育長に届け出なければならない。

(席次の決定)

第3条 委員の席次は、あらかじめくじで定める。

2 補充委員は、前任者の席次とする。

(会議)

第4条 委員会の会議は、定例会および臨時会とする。

2 定例会は、毎月第3金曜日に開催する。ただし、教育長が必要と認めたときは、別の日に開催することができる。

3 臨時会は教育長が必要と認めたとき、または委員2人以上のものから書面で会議に付議すべき事件を示して請求があつたとき招集する。

(会議の開会)

第5条 会議出席委員が定数に達したときは、教育長は、開会を宣告する。

2 教育長は、議事に入る前に諸般の報告をしなければならない。

3 閉会は、教育長が宣告する。

第2章 会期およびその延長

(会期の決定および方法)

第6条 会期は、教育長が定める。

2 教育長は、開会の際、委員に会期を告知しなければならない。

第7条 会期内に議案の審議が終了しないときまたは臨時急施を要する事件があるときその他特別の必要があるときは、教育長は会期を延長することができる。

2 前項の場合においては、教育長は直ちにこれを委員に告知しなければならない。

第3章 議事日程

(議事日程の作成)

第8条 教育長は、会議に付する事件、その順序および会議の時刻を定めて議事日程を作り委員に配布しなければならない。

第9条 議事日程に記載した事件がある場合でも他の緊急事件について動議を起すものがあるときまたは教育長自ら緊急事件と認めるときは、討議を用いずにはかり議事日程を変更することができる。

(会期の延長)

第10条 議事日程に記載してある事件の会議を開くことができなかつたときまたは日程中議了しないものがあるときは、教育長は更にその日程を定めなければならない。

第4章 議事

(特別委員の設定)

第11条 委員会において必要があると認めたときは、教育長は、委員の中から特別委員を設けることができる。

2 前項の特別委員は、2名以内とする。

(議案の朗読)

第12条 議事を開くときは、教育長は書記に議案を朗読させなければならない。ただし、教育長は、時宜により朗読を省略することができる。

(発言の方法)

第13条 委員が発言しようとするときは、「教育長」と呼び自己の姓を告げ教育長が反呼した後でなければ発言することができない。

2 事務局職員が発言しようとする場合も同様とする。

第14条 委員2人以上が同時に発言を求めたときは、教育長の指定するところによる。

第15条 1委員の発言が終らぬ間は、他の委員は発言することはできない。

第16条 討論は、議題外にわたることができない。

第17条 発言者が未だ尽きない場合でも討論終結の動議を提出し、2人以上の賛成者があるときは討論を用いず会議の議決によつてこれを決することができる。

第18条 教育長自ら討論に加わろうとするときは、議席につき教育長の代理に教育長席を譲らなければならない。

2 前項の場合において、教育長は、その問題の表決が終るまで教育長席に復することができない。

(表決)

第19条 表決の際、議席にいない委員は、表決に加わることはできない。

第20条 議席にいる委員は、表決の数に入ることを拒むことができない。

第21条 教育長が表決を採るときは、表決しようとする問題を会議に宣告しなければならない。

2 前項の宣告後は、委員はその議題について発言することができない。

第22条 教育長が表決を採るときは、問題を可とするものを挙手または起立させて書記に委員を点呼させその結果を宣告する。

2 前項の結果に疑があると認めるときまたは委員において教育長の宣告に対し異議を申し立て2人以上の賛成者があるときは、教育長は改めて無記名投票をもつて表決を採らなければならない。

第23条 教育長が必要と認めるときまたは委員2人以上の要求があるときは、挙手または起立の方法を用いず無記名投票で表決を採らなければならない。

第24条 すべて投票に記載する要件は、教育長が定める。

第25条 教育長は、委員2名以上立会の上、投票を点検しその結果を宣告しなければならない。

第26条 同一の議題について数種の修正案があるときは、教育長がその表決の順序を定める。その順序は、原案に最も遠いものから先にする。

第27条 修正案のすべてを否決したときは、原案について決を採らなければならない。

第28条 教育長が議事に付するものを宣告した後発言を求める者がないときは、教育長は委員の発言を促し、なお、発言がないときは全会異議がないものとして原案に決することができる。

第29条 選挙を行うときは、教育長は書記に一定の投票用紙を配布させなければならない。

第30条 教育長は、委員2名以上立会の上、投票を点検しその結果を報告しなければならない。

第5章 会議録

(会議録の記載)

第31条 会議録には、次の事項を記載する。

(1) 開会、閉会についての事項および年月日等

(2) 会議中止、散会についての事項および年月日

(3) 出席した委員および事務局職員の氏名

(4) 会議に付した議案の題目

(5) 議題となつた動議および動議提出者の氏名

(6) 議決の事件

(7) 表決の方法および可否の数

(8) 選挙のてん末

(9) 教育長の報告

(10) その他教育長または委員会が必要と認めた事項

(会議録の承認および署名)

第32条 会議録は次回の委員会において朗読し、委員会の承認を得なければならない。

第33条 会議録署名委員は2名とし、毎回選挙する。ただし、会議の議決によつて教育長が指名することができる。

(議場内の秩序維持)

第34条 議場に入る者は、外套、傘、杖、帽子の類をつけることはできない。ただし、病気その他の事由によつて教育長の許可を得た場合はこの限りではない。

第35条 会議中は、私語してはならない。

第36条 会議中は、騒いで他の者の発言または朗読を妨げてはならない。

第37条 委員は、会議中は教育長の許可を得なければ議席を離れることはできない。

第6章 罰則

(その他)

第38条 教育委員会に関する法令またはこの規則に違背したと認められる委員に対しては、教育長または委員2名以上の要求によつて議決をもつて次の懲罰を科することができる。

(1) 公開の議場における戒告

(2) 公開の議場における陳謝

(3) 一定期間の出席停止

第39条 前条の議決があつたときは、教育長はその旨を直ちにその委員に通知しなければならない。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和39年3月18日教委規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和46年6月23日教委規則第4号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和49年8月1日教委規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成6年3月30日教委規則第1号)

この規則は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月20日教委規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、平成27年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第76号)附則第2条の規定により、改正前の地方教育行政の組織及び運営に関する法律第16条第1項の規定による教育委員会教育長が在職する場合においては、改正前の小浜市教育委員会公告式規則、改正前の小浜市教育委員会会議規則、改正前の小浜市教育委員会会議傍聴人規則、改正前の小浜市教育委員会事務局処務規則、改正前の小浜市教育委員会所管事務委任規則(第1条第9号中「教育長、」を削る部分に限る。)、改正前の小浜市教育委員会印章規則の規定は、なおその効力を有する。

小浜市教育委員会会議規則

昭和27年11月2日 教育委員会規則第2号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第1章 教育委員会
沿革情報
昭和27年11月2日 教育委員会規則第2号
昭和39年3月18日 教育委員会規則第1号
昭和46年6月23日 教育委員会規則第4号
昭和49年8月1日 教育委員会規則第2号
平成6年3月30日 教育委員会規則第1号
平成27年3月20日 教育委員会規則第1号