○小浜市立小学校および中学校の処務細則

昭和47年4月1日

教育委員会訓令第1号

小浜市立小学校および中学校処務細則(昭和40年小浜市教委訓令第1号)の全部を改正する。

第1章 総則

第2章 施設および設備の管理

(簿冊の備付)

第2条 学校においては、規則第36条に規定するもののほか、規則第3条による施設および設備の台帳は、永久保存しなければならない。

第3章 児童・生徒

第3条 削除

(就学猶予および免除)

第4条 学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号。以下「省令」という。)第42条および第55条の規定によつて、保護者が願い出る就学猶予または免除については、様式第2号によらなければならない。

(転退学等)

第5条 児童または生徒が全課程を終了する前に退学した時は、校長は様式第3号によつて報告しなければならない。

2 児童または生徒が転入学したときは、前項に準じて報告しなければならない。

第6条 削除

第4章 職員および服務

第7条および第8条 削除

(司書教諭)

第9条 学校図書館法(昭和28年法律第185号)第5条第1項の規定による司書教諭については、校長の内申(様式第6号)をまつて教育委員会が任命する。

(着任および転任)

第10条 新たに教職員となつた者が、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第31条の規定に基づき小浜市職員の服務の宣誓に関する条例(昭和26年小浜市条例第26号)により宣誓する場合は、様式第7号による宣誓書に署名押印し、教育委員会に提出しなければならない。

2 新任の職員は、着任後20日以内に所定の履歴書を教育委員会に提出しなければならない。

(出勤・退勤)

第11条 校長は、職員の出勤および退勤の時刻を定めなければならない。

2 職員は、出勤時間を守り、出勤した時は本人自ら所定の出勤簿に捺印しなければならない。

3 職員は退勤するときその保管にかかる重要な書類、物品等をもれなく所定の場所に収めなければならない。

4 職員は非常災害が発生したときは、休業日、勤務時間外であつても、すみやかに登校して臨機の処置をしなければならない。

(外出)

第12条 職員は勤務時間中に外出するときは、用件、行先および帰校予定時等については、あらかじめ校長に申し出てその許可を受けなければならない。

(休暇)

第13条 職員が申請する休暇承認願については、様式第8号から第14号までによらなければならない。

(私事旅行)

第14条 職員が私事旅行をするときは、あらかじめ校長にあつては教育委員会に、その他にあつては校長に様式第15号によつて届け出なければならない。

(産前産後の休養)

第15条 職員が届け出る産前産後休養については、様式第11号によらなければならない。

(長期休暇等の報告)

第16条 教育公務員特例法(昭和24年法律第1号)第14条の規定によつて療養中の職員は3ケ月毎に様式第16号による医療等の状況報告を教育委員会を経由して、県教育委員会に提出しなければならない。

(受験)

第17条 職員が申請する受験等の許可については、様式第17号によらなければならない。

第5章 休業日

(積雪寒冷休業)

第18条 校長は、規則第20条第3項の規定により承認を受けて積雪寒冷期に休業を行うときは、その都度様式第18号により教育委員会に届け出なければならない。

第6章 学校行事

(行事の届出)

第19条 校長は、学校行事予定表を毎月5日までに教育委員会に届け出なければならない。

附 則

この細則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和48年7月1日教委訓令第3号)

この細則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和49年8月1日教委訓令第2号)

この細則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和51年4月8日教委訓令第1号)

この細則は、公布の日から施行する。

様式第1号 削除

画像

画像

様式第4号および様式第5号 削除

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

小浜市立小学校および中学校の処務細則

昭和47年4月1日 教育委員会訓令第1号

(昭和51年4月8日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
昭和47年4月1日 教育委員会訓令第1号
昭和48年7月1日 教育委員会訓令第3号
昭和49年8月1日 教育委員会訓令第2号
昭和51年4月8日 教育委員会訓令第1号