○小浜市就学支援委員会規則

昭和50年12月1日

教育委員会規則第6号

(設置)

第1条 心身の発達に特別な支援を要する幼児および児童生徒(以下「要特別支援児」という。)の教育に関して総合的・科学的に判断し、適正な就学を図るため、小浜市就学支援委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(組織)

第2条 委員会は、15人以内の委員をもつて組織する。

2 委員は、次の各号に掲げる者のうちから、小浜市教育委員会教育長(以下「教育長」という。)が委嘱する。

(1) 小中学校教職員

(2) 教育行政担当者

(3) 児童福祉関係者

(4) 専門医

(5) 学識経験者

(任期)

第3条 委員の任期は、2年とし、再任させることができる。

2 委員に欠員が生じた場合、その補充の委員の任期は前任者の残任期間とする。

(委員長および副委員長)

第4条 委員会は、委員の互選により委員長および副委員長を選出する。

2 委員長は、会務を統理し、必要に応じて委員会を招集する。

3 副委員長は委員長を補佐し、委員長に事故があるときは、これを代理する。

(業務)

第5条 委員会は、次の業務を行う。

(1) 学校等の報告に基づき要特別支援児の判断に関すること。

(2) 要特別支援児の就学支援および教育相談に関すること。

(3) 要特別支援児の教育に関する啓発活動に関すること。

(専門部会)

第6条 委員会は、前条の業務を遂行するため、次の専門部会を置く。

(1) 判断部会

(2) 就学支援部会

(3) 啓発部会

2 専門部会は、委員長から指名された委員で構成する。

3 専門部会は、当該部会委員の互選により部長を選出する。

4 各部長は、第4条第2項に準じてその職務を行う。

5 専門部会の決定は、委員長の承認を得て、委員会の決定に代えることができる。ただし、この場合は次の委員会に報告しなければならない。

(庶務)

第7条 委員会の庶務は、教育委員会教育総務課において行う。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、委員会の運営に関して必要な事項は、教育長がこれを定める。

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 小浜市小中学校特殊学級入級促進委員会規則(昭和42年小浜市教委規則第2号)は、廃止する。

附 則(平成9年3月27日教委規則第3号)

この規則は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成22年12月28日教委規則第4号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

小浜市就学支援委員会規則

昭和50年12月1日 教育委員会規則第6号

(平成23年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
昭和50年12月1日 教育委員会規則第6号
平成9年3月27日 教育委員会規則第3号
平成22年12月28日 教育委員会規則第4号