○小浜市立学校施設の開放に関する規則

昭和52年6月1日

教育委員会規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、小浜市における社会体育普及のために、学校の施設を学校教育に支障のない範囲で、市民の利用に供すること(以下「学校施設の開放」という。)に関して必要な事項を定めることを目的とする。

(施設の管理責任)

第2条 学校施設の開放に関する事務は、教育委員会が管理するものとする。

2 開放に伴う施設の管理は、教育委員会の指定する事務局の職員(以下「管理責任者」という。)が行うものとする。

3 学校施設の開放を行う学校(以下「開放校」という。)の校長は、当該開放に伴う管理上の一切の責任を負わないものとする。

(管理指導員)

第3条 開放校に管理指導員を置く。

2 管理指導員は、管理責任者の命を受け学校施設の開放に伴う施設設備の管理、利用者の安全確保および指導にあたるものとする。

3 管理指導員は、教育委員会が委嘱する。

4 管理指導員は、非常勤とする。

(運営委員会)

第4条 教育委員会は、開放校ごとに学校体育施設開放運営委員会(以下「運営委員会」という。)を置く。

2 運営委員会は、開放日時および必要な事項について協議し運営にあたるものとする。

3 運営委員会の委員は、学校関係者、社会体育団体関係者、社会教育団体関係者、管理指導員その他必要と認めたものの中から7人以内で構成し教育委員会が委嘱する。

(開放校の指定)

第5条 開放校を指定しようとするときは、当該学校長の意見を徴して教育委員会が定める。

(開放の施設および種類)

第6条 開放校の開放する施設は、体育館、運動場および水泳プールとする。

2 開放の種類は、グループ開放と個人開放の2種類とする。

3 グループ開放は、団体が行うスポーツおよびレクリエーシヨン活動とし、個人開放は、個人または家族ぐるみで行うスポーツおよびレクリエーシヨン活動とする。

(利用団体の登録)

第7条 グループ開放の利用許可を受けようとする団体は、成人を代表者とする10人以上で構成し、あらかじめ教育委員会に登録しなければならない。

(利用の手続き)

第8条 開放校の施設を利用しようとする団体の代表者は、利用を希望する日の少なくとも7日以前に所定の申込書を教育委員会に提出し、あらかじめ許可を得なければならない。

2 個人または家族ぐるみで利用を希望する者は、利用の当日、管理指導員に住所および氏名を届け出なければならない。

3 利用許可を受けた団体の代表者は、常に利用施設の善良な管理者としての責任と注意をもつて、管理にあたらなければならない。

(登録の取り消しおよび利用の中止)

第9条 教育委員会は、この規則に違反し、または管理指導員の指示に従わない利用者に対しては、登録の取り消しまたは利用の中止を命ずることができる。

(利用者の弁償責任)

第10条 利用者は、開放校の施設、設備を故意または重大な過失によつてき損もしくは亡失したときは、弁償の責任を負うものとする。

(事故の責任)

第11条 開放により発生した事故の責任は、特別な場合を除くほか、利用者が負うものとする。

(委任)

第12条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 小浜市立小学校および中学校の施設の開放に関する規則(昭和50年小浜市教委規則第2号)は、廃止する。

3 小浜市校庭等開放事業実施規程(昭和47年小浜市教委訓令第3号)は、廃止する。

小浜市立学校施設の開放に関する規則

昭和52年6月1日 教育委員会規則第1号

(昭和52年6月1日施行)