○小浜市青少年愛護センター設置規則

昭和40年4月1日

教育委員会規則第2号

(名称および目的)

第1条 この規則は、小浜市における青少年の生活の実態を把握し、その愛護補導の完璧を期するため関係機関を総合し、小浜市青少年愛護センター(以下「愛護センター」という。)を設置するため必要な事項につき定めることを目的とする。

2 愛護センターの事務局は、小浜市中央公民館内に置く。

(事業)

第2条 愛護センターは、おおむね次の事業を行う。

(1) 青少年の生活実態に関する調査および統計

(2) 青少年に関する相談の受理およびこれに対する措置

(3) 現地における青少年の生活指導および非行の早期発見

(4) 観察の委嘱を受けた少年の継続補導

(5) 善行青少年の発見および顕彰

(6) 青少年の生活環境改善に関する研究および必要な勧告その他の措置

(7) 青少年の生活を明るくし、非行を未然に防止するために有効と認められる事業

(8) その他小浜市青少年教育相談室運営要領に基づく事業

(運営委員会)

第3条 愛護センターの公正かつ適切な運営をはかるため、小浜市青少年愛護センター運営委員会(以下「運営委員会」という。)を置く。

第4条 運営委員会の委員は、15名以内とし、次の各号にかかげるものの中から委員長がこれを委嘱する。

(1) 関係行政機関の担当者

(2) 各種団体の代表者

(3) 学校の生徒指導担当者

2 委員の任期は、2年とする。ただし、その職に基づいて任命された委員の任期は、当該職にある期間とし、補欠委員の任期は前任者の残任期間とする。

第5条 運営委員会に委員長を置く。

2 委員長は、教育長の職にあるものをこれに充てる。

3 委員長に事故あるときは、委員長があらかじめ定めた委員がその職務を代理する。

第6条 運営委員会は、委員長が必要に応じて招集する。

(職員指導員および補導員)

第7条 愛護センターに所長および必要な職員、指導員および補導員若干名を置く。

2 所長および職員は教育委員会が任命し、所長は愛護センターの行う各種事業の企画実施その他必要な事務を行い所属職員を監督する。

3 指導委員は運営委員長が委嘱し、愛護センターの事業計画、補導活動の立案実施を指導する。

4 補導員は、青少年を愛護補導する関係機関または団体から推薦を受けて運営委員長が委嘱する。補導員は非常勤とし、出務したときは定められた基準により費用の弁償を受けることができる。

5 補導員の勤務について所長が定める。

(備付簿冊)

第8条 事務局には、次の簿冊を備え付けるものとする。

(1) 青少年相談受理簿

(2) 青少年補導票綴

(3) 継続補導票綴・連絡回答票綴

(4) 青少年連絡票綴

(5) 補導日誌

(6) 会議録

(7) その他

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、愛護センター運営に関し、必要な事項は運営委員長が定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和46年8月30日教委規則第8号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則施行の際、現に在任する運営委員会委員は、その任期が満了するまでの間引き続き新規定による運営委員会委員として在任するものとする。

附 則(昭和47年5月24日教委規則第4号)

この規則は、公布の日から施行する。

小浜市青少年愛護センター設置規則

昭和40年4月1日 教育委員会規則第2号

(昭和47年5月24日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和40年4月1日 教育委員会規則第2号
昭和46年8月30日 教育委員会規則第8号
昭和47年5月24日 教育委員会規則第4号