○小浜市公民館管理運営に関する規則

昭和45年4月1日

教育委員会規則第4号

(目的)

第1条 この規則は、小浜市公民館設置条例(昭和28年小浜市条例第34号)第8条の規定に基づき、小浜市公民館(以下「公民館」という。)の管理運営の基本的事項について定めることを目的とする。

(施設、設備の管理)

第2条 公民館長(以下「館長」という。)は、小浜市教育委員会教育長(以下「教育長」という。)の命を受けて、公民館の施設(設備を含む。以下同じ。)を管理する。

2 館長は、公民館の施設を市民の利用に供するため、常に整備しておかなければならない。

(警備および防火)

第3条 館長は、毎年度初めに公民館の警備および防火の計画を作成し、教育長に報告しなければならない。

2 前項の計画には、火災その他非常変災の場合の利用者の安全をはかるための処置が講ぜられていなければならない。

(報告の義務)

第4条 館長は、公民館において次の各号の一に該当する事由が生じた場合は、直ちに教育長に報告しなければならない。

(1) 火災、盗難その他非常災害があつたとき。

(2) 施設および設備の一部または全部がき損し、もしくは滅失したとき。

(3) その他教育長が指示した事項

(施設および設備の使用)

第5条 公民館の施設は、市民の文化生活の向上のため一般に開放されなければならない。ただし、次の各号の一に該当するときは、その使用を許可しない。

(1) 社会教育法(昭和24年法律第207号)第23条にふれるおそれがあると認めるとき。

(2) 公益を害するおそれがあると認めるとき。

(3) 管理上支障があると認めるとき。

(使用の申込、許可)

第6条 公民館を使用しようとするものは、小浜市公民館使用許可申請書(様式第1号)を当該館長に提出し、許可を受けなければならない。

2 前項の許可を受けたものが、その内容を変更し、または取消しする場合は、その旨当該館長の承認を受けなければならない。

(使用許可の条件)

第7条 館長は公民館の使用を許可するに当つて、管理上必要な条件を附することができる。

(使用料)

第8条 公民館の使用料は、小浜市の公の施設の使用条例(昭和26年小浜市条例第28号)を適用する。

(使用者の責任)

第9条 公民館を使用するものは、その使用について当該職員の指示に従わなければならない。

2 使用者は、許可を受けた目的以外に使用し、または転貸してはならない。

3 使用者は、公民館施設の使用を終つたときは、使用場所を原状に回復して返還しなければならない。

(休館日)

第10条 公民館の休館日は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 月曜日。ただし、月曜日が国民の祝日の場合は、その翌日も休館とする。

(2) 第3日曜日

(3) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(4) 8月14日、8月15日および12月29日から翌年の1月3日まで

2 前項の規定にかかわらず、館長が特別の事由があると認めるときは、教育長の承認を得て、臨時に休館または変更することができる。

(開館時間)

第11条 公民館施設の使用時間は、午前9時から午後10時までとする。ただし、特別の場合はこの限りでない。

(その他必要事項)

第12条 この規則に定めるもののほか、公民館の管理運営に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成4年10月1日教委規則第3号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成5年12月24日教委規則第10号)

この規則は、平成6年1月1日から施行する。

附 則(平成27年7月17日教委規則第6号)

(施行期日)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

小浜市公民館管理運営に関する規則

昭和45年4月1日 教育委員会規則第4号

(平成27年7月17日施行)