○小浜市国民健康保険高額療養費貸付規則

昭和59年3月31日

規則第6号

(目的)

第1条 この規則は、小浜市国民健康保険被保険者の保険診療に要した一部負担金が著しく高額である場合に、その費用の一部を高額療養費支給までの期間貸付けることにより、被保険者の経済生活の安定と保健増進に寄与することを目的とする。

(貸付対象者)

第2条 この規則による貸付金の貸付対象者は、小浜市国民健康保険被保険者の属する世帯の世帯主であつて、一部負担金の支払いが困難であり、かつ、国民健康保険税を納税している者とする。

(貸付申請)

第3条 貸付金の貸付けを受けようとする者は、高額療養費貸付申請書(様式第1号)に高額療養費支給申請書を添えて市長に申請しなければならない。

(貸付決定)

第4条 市長は、前条の規定により申請書を受理したときは、審査のうえ貸付けの可否および貸付金の額を決定する。

2 前項の規定による貸付けの決定を受けた者は、高額療養費貸付金借用証書(様式第2号)を市長に提出し、貸付金を受領するものとする。

(貸付額)

第5条 貸付金の額は、国民健康保険法(昭和33年法律第192号)第57条の2の規定により支給を受けるべき高額療養費の推定額の100分の80以内の額とする。ただし、市長が特に必要と認めた場合を除き、当該貸付金が5万円未満のときは、貸付けを行わない。

(貸付利率)

第6条 貸付金の利子は、無利子とする。

(償還)

第7条 貸付金の償還方法は、高額療養費の支給を受けたときに一括償還するものとする。

2 貸付けを受けた者は、後日支給される高額療養費のうち借入額に相当する金額の受領および償還を市長に委任することができる。

3 第1項の規定にかかわらず償還すべき金額が高額療養費として支給を受けるべき金額より大きいときは、高額療養費貸付金返還通知書(様式第3号)による通知のあつた日から10日以内に当該差額に相当する貸付金を返還しなければならない。

4 市長は、偽りその他不正の手段により貸付けを受けた者があるときは、その者からすでに貸付けした金額の全額を返還させることができる。

附 則

この規則は、昭和59年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日規則第12号)

(施行期日)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

小浜市国民健康保険高額療養費貸付規則

昭和59年3月31日 規則第6号

(平成19年4月1日施行)