○小浜市営土地改良事業の経費の賦課徴収に関する条例施行規則

昭和56年3月28日

規則第13号

(賦課の基準)

第2条 条例第2条に規定する賦課金の額は、当該市営土地改良事業の施行に係る地域内にある土地につき、土地改良法(昭和24年法律第195号)第3条に規定する資格を有する者(以下「納付者」という。)について、均等割、受益面積割において徴収する。

(徴収の方法および時期)

第3条 市長は、毎年度の事業費を決定したときは、前条の規定に基づく額を納付者に納入通知書(様式第1号)をもつて通知するものとし、事業に変更があつたときも同様とする。

2 前項の規定により納入通知を受けた納付者は、納付通知書によつて納付しなければならない。

(賦課金の減免および納付の猶予)

第4条 条例第6条の規定により、賦課金の減免および納付を受けようとする者は、その事由の発生後ただちに減免または猶予の申請書(様式第2号)を、市長に提出しなければならない。

(委任)

第5条 この規則の施行について必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

小浜市営土地改良事業の経費の賦課徴収に関する条例施行規則

昭和56年3月28日 規則第13号

(昭和56年3月28日施行)