○小浜市農業集落排水事業運営協議会等に関する規則

昭和63年3月28日

規則第13号

(趣旨)

第1条 この規則は、小浜市農業集落排水処理施設の設置および管理に関する条例(昭和63年小浜市条例第9号。以下「条例」という。)第21条第3項の規定に基づき、小浜市農業集落排水事業運営協議会(以下「運営協議会」という。)および集落排水管理組合の組織および運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(所掌事項)

第2条 運営協議会は、次に掲げる事項について協議、検討するものとする。

(1) 農業集落排水事業の実施に関すること。

(2) 排水処理施設の運営に関すること。

(3) 集落排水管理組合間の連絡調整に関すること。

(4) その他必要な事項

(組織)

第3条 運営協議会は、委員をもつて組織する。

2 委員は、次に掲げる者のうちから市長が委嘱する。ただし、集落排水管理組合役員については、当該集落排水管理組合の推薦に基づき委嘱するものとする。

(1) 集落排水管理組合役員 各2人

(2) 学識経験者 3人以内

(3) 市職員 2人

(任期)

第4条 委員の任期は、2年とする。ただし、前条第2項第1号および第3号の職にある者が当該職を離れたときは、委員の職を失う。

2 補欠委員は、前任者の残任期間在任する。

3 委員は、再任を妨げない。

4 委員は、非常勤とする。

(会長および副会長)

第5条 運営協議会に会長および副会長を置き、委員が互選した者をもつて充てる。

2 会長は、会務を総理し、運営協議会を代表する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときまたは会長が欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第6条 運営協議会の会議(以下「会議」という。)は、会長が招集する。

2 会長は、委員の3分の1以上の者から書面で会議に付議すべき事項を示して会議を招集すべき旨の要求があつたときは、会議を招集しなければならない。

3 会議の日時および場所は、会議に付議すべき事項とともに、あらかじめ会長が委員に通知しなければならない。

(会議の運営)

第7条 会議は、委員の3分の2以上の者が出席しなければ、開くことができない。

2 会長は、会議の議長となり、議事を整理する。

3 会議の議事は、出席委員の過半数で決する。可否同数のときは、会長の決するところによる。

4 会議には、あらかじめ委任を受けた集落排水管理組合役員の代理人の出席を認めることができる。

(意見)

第8条 運営協議会は、農業集落排水事業の実施および排水処理施設の運営に関する事項について、市長に意見を述べることができる。

(庶務)

第9条 運営協議会の庶務は、市長の定める機関において処理する。

(集落排水管理組合)

第10条 条例第3条に規定する排水処理施設の区分毎に、当該排水処理施設の使用者で構成する集落排水管理組合(以下「集落排水管理組合」という。)を置く。

(集落排水管理組合の組織)

第11条 集落排水管理組合は、排水処理施設の使用者の全員(以下「組合員」という。)で組織するものとする。

2 集落排水管理組合に次の役員を置くものとする。

(1) 組合長 1人

(2) 副組合長 1人

(3) 監事 2人

(集落排水管理組合の所掌事項)

第12条 集落排水管理組合は、条例第3条に規定する排水処理施設の処理区域内の次に掲げる事項について処理するものとする。

(1) 排水設備の維持および管理に関すること。

(2) 組合員の連絡調整に関すること。

(3) その他必要な事項

(規約)

第13条 集落排水管理組合は、規約を定めなければならない。

(報告)

第14条 集落排水管理組合は、毎年1回市長に事務の報告をしなければならない。

(委任)

第15条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、昭和63年4月1日から施行する。

附 則(平成11年3月23日規則第6号)

この規則は、公布の日から施行する。

小浜市農業集落排水事業運営協議会等に関する規則

昭和63年3月28日 規則第13号

(平成11年3月23日施行)