○若狭ふれあいセンターの設置および管理に関する条例

昭和63年9月30日

条例第18号

(趣旨)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2第1項の規定に基づき、若狭ふれあいセンター(以下「ふれあいセンター」という。)の設置および管理について、必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 若狭地方の活性化を図り、もつて地域住民の交流機会の拡充および生涯学習を推進するため、ふれあいセンターを設置する。

(位置)

第3条 ふれあいセンターの位置は、次のとおりとする。

小浜市小浜日吉91番地の3

(職員)

第4条 ふれあいセンターに、所長以下必要な職員を置く。

2 前項の職員の定数は、別に定める。

(事業)

第5条 ふれあいセンターは、次の各号に掲げる事業を行うものとする。

(1) 生涯学習の奨励普及に関する事業

(2) 若狭地方の特産品の展示会に関する事業

(3) 若狭地方の伝統、地場産業の振興に関する事業

(4) 若狭地方の住民の交流を深める事業

(5) 健康増進を図る事業

(6) 前各号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認める事業

(使用許可)

第6条 ふれあいセンターを使用しようとする者は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

(使用の制限)

第7条 市長は、次の各号の一に該当するときは、ふれあいセンターの使用を許可しないことができる。

(1) 善良な風俗を害し、秩序をみだすおそれがあると認められるとき。

(2) ふれあいセンターを損傷するおそれがあると認められるとき。

(3) 前各号のほか、ふれあいセンターの管理運営上不適当と認められるとき。

(許可の条件)

第8条 市長は、第6条の許可をするに当たつて、ふれあいセンターの管理運営上必要があると認めるときは、この条例に定めるもののほか、その許可について必要な条件を付すことができる。

(使用許可の取消し等)

第9条 市長は、第6条の規定により許可を受けた者(以下「使用者」という。)が、次の各号の一に該当すると認めるときは、その使用許可を取り消し、または使用を停止させることができる。

(1) 使用許可の目的以外に使用したとき。

(2) 使用許可の条件を履行しないとき。

(3) 第7条各号の一に該当することが判明し、または該当することとなつたとき。

(権利譲渡等の禁止)

第10条 使用者は、使用の権利を他に譲渡し、または転貸してはならない。

(原状の回復)

第11条 使用者は、ふれあいセンターの使用を終わつたときまたは使用の許可を取り消されたときもしくは使用を停止されたときは、直ちにふれあいセンターを原状に回復しなければならない。

2 使用者が前項の義務を履行しないときは、市長がこれを代行し、その費用は、使用者が負担するものとする。

(損害賠償)

第12条 使用者は、その使用によりふれあいセンターを損傷し、または滅失したときは、市長の指示するところによりこれを原状に回復し、またはその損害を賠償しなければならない。

(入場者の制限)

第13条 市長は、次の各号の一に該当する者に対しては、ふれあいセンターへの入場を拒否し、もしくは退場させ、またはこれらを使用者に指示することができる。

(1) 伝染病疾患があると認められる者

(2) ふれあいセンター内の秩序または風俗を乱し、もしくは乱すおそれがあると認められる者

(3) 市長が入場制限の必要があると認める者

(使用者の遵守事項)

第14条 使用者は、その使用に係るふれあいセンターの使用について市長の指示に従わなければならない。

(使用料)

第15条 使用者は、別表に定める使用料を前納しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(使用料の減免)

第16条 市長は、公益上必要があると認めるときその他特別の理由があると認めるときは、使用料を減額し、または免除することができる。

(使用料の還付)

第17条 既納の使用料は、還付しない。ただし、使用者の責めに帰さない理由により使用することができなくなつたときは、市長は、その一部または全部を還付することができる。

(委任)

第18条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、昭和63年10月1日から施行する。

附 則(平成9年3月27日条例第14号)

この条例は、平成9年4月1日から施行する。

別表(第15条関係)

基本使用料

(単位 円)

時間区分

種別

午前

午後

夜間

全日

9時~12時

13時~17時

18時~22時

9時~22時

3時間

4時間

4時間

13時間

研修室

1,100

1,400

1,800

3,900

視聴覚室

1,100

1,400

1,800

3,900

会議室、実習室

1,200

1,500

1,900

4,200

和室1

1,000

1,200

1,400

3,300

和室2

1,000

1,200

1,400

3,300

多目的ホール

6,300

8,400

10,500

22,700

備考

1 時間区分の午前と午後または午後と夜間等にわたって使用する場合の使用料は、相当の料金(12時から13時までおよび17時から18時までの時間帯については、午後の料金)の1時間当たりの料金を基に使用料を算出する。

2 営利、営業、宣伝その他これらに類する目的のために使用し、次の各号に該当する場合の使用料は、当該基本使用料に、次に定める率を乗じて得た額を加算する。

(1) ホールを使用するときは、当該基本使用料の150パーセント

(2) 研修室、視聴覚室、会議室、実習室、和室を使用するときは、当該基本使用料の100パーセント

3 冷房または暖房を使用するときは、当該基本使用料に、40パーセントを乗じて得た額を加算する。

4 多目的ホールを使用するときは、電気料として1時間当たり350円を加算する。

5 使用料の算出に当たっては、100円未満を四捨五入した額とする。

若狭ふれあいセンターの設置および管理に関する条例

昭和63年9月30日 条例第18号

(平成9年3月27日施行)