○小浜市働く婦人の家設置および管理に関する条例

平成4年3月26日

条例第7号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2および雇用の分野における男女の均等な機会および待遇の確保等女子労働者の福祉の増進に関する法律(昭和47年法律第113号)第30条の規定に基づき、小浜市働く婦人の家(以下「働く婦人の家」という。)の設置および管理について必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 働く婦人の福祉の増進と地位の向上に寄与するため、働く婦人の家を設置する。

(位置)

第3条 働く婦人の家の位置は、次のとおりとする。

小浜市大手町4番1号

(職員)

第4条 働く婦人の家に、館長その他必要な職員を置く。

2 前項の職員の定数は、別に定める。

(事業)

第5条 働く婦人の家は、次の各号に掲げる事業を行うものとする。

(1) 職業生活および家庭生活に必要な指導および援助に関すること。

(2) 働く婦人の軽易なスポーツ活動、レクリエーション等についての必要な助言指導に関すること。

(3) 育児、健康その他日常生活に関する相談および指導に関すること。

(4) 一般教養および職業生活ならびに家庭生活に関する講習会等の開催に関すること。

(5) その他働く婦人の福祉を増進するために必要と認める事業に関すること。

(働く婦人の家の使用等)

第6条 働く婦人の家は、小浜市に居住または勤務する働く婦人および小浜市に居住またはその配偶者が小浜市に勤務先を有する勤労者家庭の主婦に使用させるものとする。

2 市長は、前項に規定する者の使用に支障がないと認めたときは、他の者にも使用させることができる。

(使用の許可)

第7条 働く婦人の家を使用しようとする者は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

2 前項の規定により許可を受けた者は、当該目的以外に働く婦人の家を使用し、または使用の権利を譲渡してはならない。

(使用の制限)

第8条 市長は、次の各号の一に該当するときは、働く婦人の家の使用を許可しない。

(1) 公の秩序または善良な風俗を乱すおそれがあると認めるとき。

(2) 営利を目的として使用すると認めるとき。

(3) 働く婦人の家の管理上支障があると認めるとき。

(4) その他市長が適当でないと認めるとき。

(使用許可の取消し等)

第9条 市長は、働く婦人の家を使用する者(以下「使用者」という。)次の各号の一に該当するときは、使用許可を取消し、または使用を停止させることができる。

(1) この条例またはこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 使用許可の目的以外に使用したとき。

(3) 前条各号の一に該当するに至ったとき。

(使用料)

第10条 第6条第1項に規定する者の使用については無料とする。

2 前項に定める以外の者の使用については別表に定める使用料を納めなければならない。

3 前項に定める使用料は前納しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(使用料の減免)

第11条 市長は、公益上必要があると認めるときその他特別な理由があると認めるときは、使用料を減額し、または免除することができる。

(使用料の還付)

第12条 既納の使用料は、還付しない。ただし、使用者の責めに帰さない理由により使用できなくなったときは、市長は、その一部または全部を還付することができる。

(原状の回復)

第13条 使用者は、働く婦人の家の使用を終わったときまたは使用の許可を取り消されたときもしくは使用を停止されたときは、直ちに働く婦人の家を原状に回復しなければならない。

(損害賠償)

第14条 使用者は、その使用により働く婦人の家を損傷し、または滅失したときは、市長の指示するところによりこれを原状に回復し、またはその損害を賠償しなければならない。2 第9条の規定による使用許可の取消し等によって使用者が被った損害について、市は賠償の責を負わない。

(運営委員会)

第15条 働く婦人の家の円滑な運営を図るため、小浜市働く婦人の家運営委員会を置く。

(委任)

第16条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成9年3月27日条例第15号)

この条例は、平成9年4月1日から施行する。

別表(第10条関係)

基本使用料

(単位 円)

時間区分

種別

午前

午後

夜間

全日

備考

9時~12時

13時~17時

18時~22時

9時~22時

 

3時間

4時間

4時間

13時間

大会議室(軽スポーツ)

6,300

8,400

10,500

22,700

 

中会議室

3,200

4,200

5,300

11,400

 

2F研修室(視聴覚)

1,100

1,400

1,800

3,900

 

2F和室研修室(1)18畳

900

1,200

1,400

3,200

 

2F和室研修室(2)18畳

900

1,200

1,400

3,200

 

2F和室研修室(3)15畳

900

1,200

1,400

3,200

 

1F調理実習室

2,100

2,600

3,200

7,100

(200V 6台)

1F研修室(1)

900

1,200

1,400

3,200

 

1F研修室(2)

900

1,200

1,400

3,200

 

1F託児室兼研修室

900

1,200

1,400

3,200

 

備考

1 使用時間には、準備および使用後の整備等に要する時間を含むものとする。

2 使用時間が本表に定める使用時間に満たない場合でも使用料について時間割計算は行わない。

3 冷暖房期間中の使用料については、当該使用料に40%を乗じて得た額を加算した額とする。

4 調理実習室において調理台を使用する場合は、調理台1卓につき電気料として1時間当り100円を加算した額とする。

小浜市働く婦人の家設置および管理に関する条例

平成4年3月26日 条例第7号

(平成9年3月27日施行)