○小浜市働く婦人の家設置および管理に関する条例施行規則

平成4年3月30日

規則第4号

(趣旨)

第1条 この規則は、小浜市働く婦人の家設置および管理に関する条例(平成4年小浜市条例第7号。以下「条例」という。)第16条の規定に基づき、小浜市働く婦人の家(以下「働く婦人の家」という。)の管理および運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(開館時間)

第2条 働く婦人の家の開館時間は、午前9時から午後10時までとする。

2 市長は、必要があると認めるときは、前項の規定にかかわらず開館時間を変更することができる。

(休館日)

第3条 働く婦人の家の休館日は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 毎週月曜日(月曜日が国民の祝日の場合は、その翌日)および毎月第3日曜日

(2) 国民の祝日ならびに毎年12月28日から翌年1月4日まで

2 市長は、必要があると認めるときは、前項の規定にかかわらず臨時に休館または変更することができる。

(使用許可の申請)

第4条 条例第7条第1項の規定により働く婦人の家を使用しようとする者は、小浜市働く婦人の家使用許可申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)を市長に提出しなければならない。

2 条例第6条第2項に該当する者で、働く婦人の家を使用しようとする者(以下「使用者」という。)は、小浜市働く婦人の家使用許可書(様式第2号。以下「許可書」という。)の交付を受けなければならない。ただし市長が特別の理由があると認めるときはこの限りでない。

(使用料の減免申請)

第5条 条例第11条の規定により、使用料の減免を受けようとする者は、小浜市働く婦人の家使用料減免申請書(様式第3号)前条第1項に規定する申請書に添えて市長に提出しなければならない。

(使用料の還付)

第6条 条例第12条ただし書に規定する使用料の還付は、次の各号の定めるところにより行う。

(1) 使用者の責めによらない理由により、働く婦人の家を使用することができなくなったとき 使用料の全額

(2) 使用者が使用の取消しを申し出たときで市長がやむを得ない理由があると認めたとき 使用料の全額または一部

2 前項の規定により使用料の還付を受けようとする者は、小浜市働く婦人の家使用料還付申請書(様式第4号)に使用料を納入したことを証する書面を添えて市長に提出しなければならない。

(使用者の遵守事項)

第7条 使用者は、次の各号に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 使用許可を受けた施設以外の施設に立ち入り、または使用許可を受けた施設、器具その他の工作物以外のものを使用し、もしくはこれらを他に移動させないこと。

(2) 火災、盗難その他の事故発生を防止する措置をとること。

(3) 働く婦人の家またはその敷地内において、市長の許可なく広告、はり紙その他これらに類するものの掲示をしないこと。

(4) 前各号に掲げるもののほか使用許可に際し付された条件および市長の指示したことに従うこと。

(運営委員会)

第8条 条例第15条に規定する小浜市働く婦人の家運営委員会(以下「委員会」という。)は、市長の諮問に応じ働く婦人の家の運営に関する基本事項を審議する。

(委員会の委員)

第9条 委員会は、次の各号に掲げる者から市長が委嘱する委員をもつて組織する。

(1) 働く婦人等

(2) 勤労婦人を雇用する事業主

(3) 学識経験者

(4) 関係行政機関の職員

2 委員の定数は10人以内とする。

3 委員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

4 委員に欠員が生じた場合の補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(委員会の組織)

第10条 委員会に委員長、副委員長各1名を置き、委員の互選によってこれを定める。

2 委員長は、委員会を代表し、会務を総理する。

3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるときまたは欠けたときは、その職務を代理する。

4 委員長、副委員長の任期は委員の任期による。

(会議)

第11条 委員会は、委員長が招集し、委員長はその会議の議長となる。

2 委員会は、委員の半数以上が出席しなければ開くことができない。

3 委員会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。

(その他)

第12条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成7年3月30日規則第6号)

この規則は、平成7年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

小浜市働く婦人の家設置および管理に関する条例施行規則

平成4年3月30日 規則第4号

(平成7年3月30日施行)