○小浜市溝渠占用料徴収条例

昭和51年3月26日

条例第3号

(目的)

第1条 この条例は、小浜市が管理する溝渠占用料の額および徴収方法等について定めることを目的とする。

(占用料の額)

第2条 占用料は、1月1平方メートルにつき30円とする。ただし、1平方メートル未満の端数が生じたときは、これを1平方メートルに切り上げるものとする。

2 前項の規定に関わらず、消費税法(昭和63年法律第108号)の規定による消費税および地方税法(昭和25年法律第226号)の規定による地方消費税が課される場合は、占用料の額は、同項の占用料の額に消費税法第29条に規定する税率を乗じて得た額(以下「消費税相当額」という。)および消費税相当額に地方税法第72条の83に規定する税率を乗じて得た額を加えた額とする。

3 占用料の額に1円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てるものとする。

4 第1項に定めるものを除くほか、占用の性質、形態等これにより難いものの占用料については、その都度市長が定める。

(占用料の免除)

第3条 市長は、次の各号の一に該当する場合には、占用料の全部または一部を免除することができる。ただし、営利を目的とするための占用にあつては、この限りでない。

(1) 家屋に出入するため、または公衆衛生上必要な架設物による占用

(2) 国または地方公共団体が事業のために占用するとき

(3) 前2号に定めるものを除くほか、市長が特に必要と認めて占用させるもの

(算定の方法)

第4条 占用料は、占用の期間が1月未満であるときは日割をもって計算し、占用の期間に1月未満の端数があるときは1月として計算するものとする。

(占用料の納付)

第5条 占用者は、第2条に規定する占用料を市の発行する納入通知書により納めなければならない。

2 前項の占用料は、前納とする。ただし、占用期間が1年以上の長期にわたる場合市長は分納させることができる。

(占用料の還付)

第6条 溝渠の廃止または変更ならびに公益上必要あるとき、およびその他市の都合により許可を取消した場合を除き既納の占用料は還付しない。

(占用料を免れた者等に対する過料)

第7条 許可なく占用した者または詐欺その他不正な行為により占用料の全部または一部を免れた者に対しては、その徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えないときは、5万円とする。)以下の過料を科することができる。

2 前項に定めるものを除くほか、占用料の徴収に関し職務の執行を妨げた者に対しては、5万円以下の過料を科することができる。

(委任)

第8条 溝渠占用に関し、必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成12年3月23日条例第20号)

(施行期日)

1 この条例は、平成12年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

附 則(平成26年6月30日条例第14号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の第2条および第4条の規定は、この条例の施行の日以後に行われた占用の許可の申請に係る占用料について適用し、同日前に行われた占用の許可の申請に係る占用料については、なお従前の例による。

小浜市溝渠占用料徴収条例

昭和51年3月26日 条例第3号

(平成26年7月1日施行)