○小浜市企業職員被服貸与規程

昭和42年4月1日

訓令第5号

(目的)

第1条 この規程は、小浜市企業職員のうち職務の遂行上被服を必要とする者に対し、予算の範囲内で貸与する被服(以下「被服」という。)に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(貸与基準)

第2条 被服を受けることのできる職員ならびに被服の種類、数量および貸与期限は、別表のとおりとする。

(貸与申請および返納)

第3条 被服を受けようとする者は、申請書(様式第1号)を課長を経て管理者に提出しなければならない。

2 被服の貸与期間中は、再貸与は行わないものとする。ただし、業務上不可抗力により被服を滅失し、またはき損して使用に堪えなくなつたときは、再貸与申請書(様式第2号)を課長を経て管理者に提出しなければならない。

3 被服の貸与を受けた職員(以下「被貸与者」という。)がその貸与期間内に、転勤、休職または退職したときは、直ちに被服に返納書(様式第3号)を添えて上下水道課長に返納しなければならない。

4 上下水道課長は、貸与台帳(様式第4号)を作成し、備えておかなければならない。

(被服の取扱)

第4条 被貸与者は、善良な管理者の注意をもつて着用し、保管しなければならない。

(被服の賠償)

第5条 故意に被服をき損し、または亡失した者は、相当額の賠償をしなければならない。

2 前項に規定する賠償の額は、管理者が定める。

(期限後の取扱)

第6条 貸与期限を経過した被服は、本人に無償で貸与することができる。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年4月1日訓令第30号)

この規程は、公布の日から施行する。

別表(第2条関係)

品目

員数

使用年限

摘要

作業衣

1

2年

貸与期限の計算は満年として暦年とする。

ゴム長靴

1

2年

雨外衣

1

2年

画像

画像

画像

画像

小浜市企業職員被服貸与規程

昭和42年4月1日 訓令第5号

(平成14年4月1日施行)